マグミクス | manga * anime * game

『鬼滅の刃』漫画第10巻あらすじ 上弦の陸・堕姫と妓夫太郎の倒し方とは?

吾峠呼世晴先生による漫画(マンガ)『鬼滅の刃』第10巻(ジャンプコミックス/集英社)のあらすじとみどころを紹介。堕姫にヒノカミ神楽で対抗する炭治郎は途中で力尽き、激しい怒りをおぼえた禰豆子が対抗するも、鬼化が進行してしまいます。天元が堕姫の頸を斬っても死なず、兄・妓夫太郎が現れます。

  • ネタばれ注意

『鬼滅の刃』第10巻について

書名 『鬼滅の刃』10「人間と鬼」
著者 吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)
発売日 2018年3月2日
発行日 2018年3月7日
価格 400円+税(440円)
発行所 株式会社集英社(ジャンプコミックス)
ISBN-10 4088813553
ISBN-13 978-4088813554

『鬼滅の刃』第10巻の表紙・裏表紙

著:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第10巻(集英社)
著:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第10巻(集英社)

『鬼滅の刃』第10巻の表紙には、日輪刀を手にした竈門炭治郎単身のイラストが描かれています。

花街を支配していた花魁の鬼、堕姫! 力を分けていた帯とひとつとなり、増した力で堕姫は炭治郎を襲う!! 炭治郎はヒノカミ神楽で応戦するが限界を超え!? 炭治郎に代わり禰豆子や宇随が対峙するが、上弦の鬼の堕姫との戦いは、思いがけぬ展開に!?

『鬼滅の刃』第10巻のサブタイトル

  • 第80話「価値」
  • 第81話「重なる記憶」
  • 第82話「人間と鬼」
  • 第83話「変貌」
  • 第84話「大切なもの」
  • 第85話「大泣き」
  • 第86話「妓夫太郎」
  • 第87話「集結」
  • 第88話「倒し方」
  • 番外編「伊之助御伽草子」

『鬼滅の刃』第10巻の主な登場キャラクター

竈門炭治郎竈門禰豆子我妻善逸嘴平伊之助宇髄天元雛鶴まきを須磨堕姫妓夫太郎

『鬼滅の刃』第10巻のあらすじ

 遊郭の一般市民を守りながら、上弦の陸・堕姫(だき)と戦う炭治郎。命の限界を迎える直前まで力を振り絞り、倒れた炭治郎を救ったのは禰豆子でした。能力を高めた禰豆子でしたが、堕姫との戦いのなかで急激に鬼化が進んでしまいます。人を襲おうとする禰豆子を抑えるのに必死な炭治郎の前に現れたのは音柱・宇髄天元。天元の助言で子守唄を歌うと、禰豆子は正気を取り戻します。天元は堕姫の頸を落としますが、弱すぎて上弦の鬼でないことが明らかに。堕姫の兄である妓夫太郎(ぎゅうたろう)が現れます。妓夫太郎の毒で弱りながらも戦う天元のもとに、伊之助と善逸も駆けつけ、総力戦が始まります。

『鬼滅の刃』第10巻のみどころ

死力を尽くして戦う炭治郎と、鬼化が進む禰豆子

 亡き煉獄杏寿郎の父・槇寿郎は、炭治郎に手紙を送っていました。「日の呼吸」の選ばれた使い手は生まれつき赤い痣(あざ)が額にあると伝えます。ですが、炭治郎の痣は弟が火鉢を倒したときにかばってできた傷。最終選別の際にさらに負傷してできたものでした。父・炭十郎には薄い痣がありました。炭治郎は自分が「選ばれた使い手」ではないと自覚しながらも、堕姫に立ち向かいます。

選ばれた者でなくとも力が足りずとも 人にはどうしても退けない時があります
人の心を持たない者がこの世には居るからです 理不尽に命を奪い反省もせず悔やむこともない
その横暴を俺は絶対許さない

 しかし、ヒノカミ神楽の連発で体力の限界を迎えていた炭治郎は、咳き込んで動けない状態に。そして亡き妹・花子の幻が制止しなければ、命の限界を迎えていました。逆に炭治郎の首を斬ろうとする堕姫に攻撃を加えたのは、禰豆子の蹴り。これまで遭遇したどの鬼よりも無惨に近い血の濃度を持つ上弦の鬼・堕姫を前にして、禰豆子の記憶が激しく揺さぶられます。

 禰豆子は堕姫との戦いのなかで角が生え、全身に痣が浮かんで、より「鬼」に近い姿へ変わります。禰豆子の蹴りは、帯で再度足を切断されるも、即回復。再生速度は、堕姫を超えていました。

 しかし、同時に人を想う心も鬼の心に上書きされていたのです。禰豆子は、建物のなかで人間を目撃。腕から血を流した女性に、襲いかかろうとします。すんでのところで禰豆子を止めた炭治郎でしたが、暴れる禰豆子を抑え、迫る堕姫、さらに守らなければならない人……。炭治郎は窮地に陥ります。

上弦の陸の正体

「おいこれ竈門禰豆子じゃねーか 派手に鬼化が進んでやがる」
「御館様の前で大見栄切ってたくせに何だこのていたらくは」

 不意に現れた天元は堕姫に「失せろ」。「お前上弦の鬼じゃねぇだろ 弱すぎなんだよ」と言ったとき、堕姫の頸は落とされていました。

「わーん」と大泣きする堕姫の叫びに応じて背中から現れたのは、もう一体の男の鬼。

「泣いてたってしょうがねぇからなああ 頸くらい自分でくっつけろよなぁ おめぇは本当に頭が足りねぇなあ」
「大事にしろ顔はなあ せっかく可愛い顔に生まれたんだからなあ」

 遊郭で客の呼び込みや集金をしていた役職「妓夫(ぎゅう)」をそのまま名前に付けられた、妓夫太郎。鬼になってもその名を使っていました。天元の容姿や体型を妬み「死んでくれねぇかなぁあ」と身体をボリボリとかきます。堕姫と兄の妓夫太郎、ふたりでひとりの鬼だったのです。

伊之助の過去を描いた番外編「伊之助御伽草子」

 嘴平伊之助の外伝。野生の猪に育てられた伊之助が、なぜ人の言葉を話せるのかが明かされます。

 たかはる青年がある日家に帰ると、祖父が奇妙な動物に餌を与えていました。祖父を案じたたかはるは動物を追い払い、もう餌をやるなと怒鳴ります。しかし物忘れの激しい祖父は、今度は百人一首の読み聞かせをしていました。

「嘴平伊之助って書いてあるな これがお前の名前じゃろう」

 猪の化け物に言葉を教えてもしゃべれるわけがないと、たかはるは激怒。伊之助を追い払おうとしますが……。

「シッシシッシうるせぇんだよ!! こんのタコ助が!!!」

 伊之助は、たかはるの口調でしゃべり始めたのでした。なぜ伊之助は人間の言葉を話せるのか? しかも、難しい言葉を知っている割に常識も知らないなど、ちぐはぐな面がありました。その理由がついに明らかになったのです。幼少時の伊之助の姿は必見です。

『鬼滅の刃』第10巻はどこまでアニメ化された?

『鬼滅の刃』第10巻のストーリーは、『鬼滅の刃』第2期『遊郭編』でアニメ化されると予想されます。

※禰豆子の「禰」は「ネ」+「爾」が正しい表記
※煉獄の「煉」は「火+東」が正しい表記

(マグミクス編集部)

関連リンク

『鬼滅の刃』の漫画(マンガ)のあらすじとみどころ アニメ化はどこまで?

『鬼滅の刃』キャラ・原作漫画・アニメ・映画情報

『鬼滅の刃』のキャラクター一覧 鬼殺隊・鬼の読み方、声優は?

『鬼滅の刃』呼吸一覧