マグミクス | manga * anime * game

『鬼滅の刃』漫画第20巻あらすじ 黒死牟と決戦、継国縁壱の過去「お労しや兄上」

吾峠呼世晴先生による漫画(マンガ)『鬼滅の刃』第20巻(ジャンプコミックス/集英社)のあらすじを紹介。上弦の壱・黒死牟と戦う悲鳴嶼行冥、不死川実弥、時透無一郎、不死川玄弥の4人。黒死牟は戦いのさなか、双子の弟・継国縁壱を思い出します。

  • ネタばれ注意

『鬼滅の刃』第20巻について

書名 『鬼滅の刃』20「匪石之心が開く道」
著者 吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)
発売日 2020年5月13日
発行日 2020年5月6日
価格 440円+税(484円)
発行所 株式会社集英社(ジャンプコミックス)
ISBN-10 408882282X
ISBN-13 978-4088822822

『鬼滅の刃』第20巻の表紙・裏表紙

著:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第20巻(集英社)

『鬼滅の刃』第20巻の表紙には、「始まりの呼吸」である「日の呼吸」の使い手、耳飾りを付けた剣士である継国縁壱(つぎくに・よりいち)の姿が描かれています。

上弦の壱と交戦する岩柱・悲鳴嶼と風柱・不死川。激しさを増す戦いの中、二人の柱は痣を出現させ連携して戦うも、驚異的な強さに圧倒され続ける。そして、上弦の壱の一部を取り込み回復する玄弥だが…。激闘の行方は──!?

『鬼滅の刃』第20巻のサブタイトル

  • 第170話「不動の柱」
  • 第171話「変ずる」
  • 第172話「弱者の可能性」
  • 第173話「匪石之心が開く道」
  • 第174話「赤い月夜に見た悪夢」
  • 第175話「後生畏るべし」
  • 第176話「侍」
  • 第177話「弟」
  • 第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」

『鬼滅の刃』第20巻の主な登場キャラクター

竈門炭治郎悲鳴嶼行冥不死川実弥時透無一郎不死川玄弥鬼舞辻無惨黒死牟継国縁壱

『鬼滅の刃』第20巻のあらすじ

 黒死牟と対峙する岩柱・悲鳴嶼行冥は痣(あざ)を発現させていました。痣が出た者は例外なく、25歳になる前に死を迎えるという黒死牟。悲鳴嶼ほどの剣士が死ぬことを嘆きますが、悲鳴嶼は「貴様の下らぬ観念を至上のものとして他人に強要するな」と怒ります。さらに痣の出た風柱・不死川実弥が戦闘に加わります。

 陰から黒死牟を狙う不死川玄弥は、自分の弱さに葛藤していました。しかし、「一番弱い人が一番可能性を持っているんだよ玄弥」という炭治郎の言葉を思い出します。弱い者が予想外の動きで相手の警戒の壁を破ると、勝利への風向きが変わるというのです。決心した玄弥は、黒死牟の刀の破片を飲み込みます。

 玄弥の血鬼術で動きを封じられ、さらに悲鳴嶼の攻撃が迫るさなか、黒死牟は400年前を思い出していました。咆哮する黒死牟の体中から刀が生え、その全てが攻撃。霞柱・時透無一郎は胴体を、玄弥は半身を切断されていました。無一郎は最後にできることを考え、日輪刀の柄を強く握り、刀身を赤く染めます。黒死牟は灼かれるような痛みにひるみ、そこへ玄弥の血鬼術が発動。悲鳴嶼と実弥が黒死牟の頸を叩き落とします。頸を落とされても死なず、再生していく黒死牟は異形のものに姿を変えます。頸を斬られても死なない身体を手に入れた黒死牟でしたが、刀身に写った醜い自分の姿に気付くのです。

『鬼滅の刃』第20巻のみどころ

黒死牟戦

 単行本第20巻をまるまる使って描かれる、黒死牟戦と、黒死牟の過去。上弦の壱に対し、悲鳴嶼、実弥、無一郎、玄弥の4人が死力を尽くします。

 悲鳴嶼や無一郎は「透き通る世界」で、黒死牟を見ていました。決死の覚悟で間合いを詰め、黒死牟に刀を突き刺す無一郎。悲鳴嶼は己の血の巡りを操作して、黒死牟を撹乱させます。玄弥は黒死牟の刀を喰ってさらに強力な血鬼術を使い、実弥は何度斬られ、出血しても攻撃の手をゆるめません。

 黒死牟は異形の姿へと変貌し、さらに凶悪な攻撃を繰り出しますが、4人の総力が追い詰めていきます。

黒死牟の人間時代

 戦いのさなか、黒死牟は弟の継国縁壱(つぎくに・よりいち)の最期を思い出します。赤い月の夜、最後に会ってから60数年経つ双子の縁壱は老いさらばえていました。鬼になった黒死牟とは違い、80歳を超えている弟。痣を持つ剣士であった弟は、25歳を超えても生きていました。縁壱は涙を流しながら言います。

「お労しや兄上」

 老人となった縁壱は、若い頃と変わらぬ剣技で黒死牟を斬ります。次の一撃で頸を落とされると感じた黒死牟でしたが、縁壱は寿命で事切れていました。

「兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか? 俺も兄上のようになりたいです。俺はこの国で二番目に強い侍になります」

 幼い縁壱の姿を思い出した黒死牟は「これが本当に俺の望みだったのか?」と自分に問います。無一郎に刺された部分が崩壊し、さらに悲鳴嶼と実弥の攻撃を受けて刻まれていく黒死牟は、自分の望みに気が付きます。

私はただ 縁壱 お前になりたかったのだ

 そして描かれる、継国兄弟の幼少期、成長してからの再会、そして別離。黒死牟の人間の頃の名前は継国巌勝(つぎくに・みちかつ)。巌勝と縁壱は、不吉とされた双子でした。弟の縁壱は同じ兄弟ながら、不遇な境遇で育ちます。しかし、天から与えられた才能は縁壱のほうが遥かに優れていました。巌勝は縁壱をうらやみ、その執念を鬼舞辻無惨に付け込まれるという不幸を生みます。

『鬼滅の刃』第20巻はどこまでアニメ化された?

『鬼滅の刃』第20巻のストーリーは、まだアニメ化されていません。アニメ化されているのは、2021年5月現在「無限列車編」までです。単行本では第8巻までがアニメ化されました。第9巻から第11巻にかけての「遊郭編」は、2021年にアニメ化されると発表されています。

(マグミクス編集部)

関連リンク

『鬼滅の刃』の漫画(マンガ)のあらすじとみどころ アニメ化はどこまで?

『鬼滅の刃』キャラ・原作漫画・アニメ・映画情報

『鬼滅の刃』のキャラクター一覧 鬼殺隊・鬼の読み方、声優は?

『鬼滅の刃』呼吸一覧