マグミクス | manga * anime * game

『アルゴナビス from BanG Dream! AAside』の世界を追体験する企画展が開催中

2022年7月15日(金)から、東京アニメセンター in DNP PLAZA SHIBUYAで企画展「ARGONAVIS Thanks Exhibition from AAside」が開催中です。2022年1月にサービスを終了したスマホゲーム『アルゴナビス from BanG Dream! AAside』の世界を追体験できるイベントです。

スマホゲーム『ダブエス』の世界をリアルとデジタルで追体験!

企画展「ARGONAVIS Thanks Exhibition from AAside」 (C)ARGONAVIS project.
企画展「ARGONAVIS Thanks Exhibition from AAside」 (C)ARGONAVIS project.

 大日本印刷(DNP)が東京・渋谷で運営している「東京アニメセンター in DNP PLAZA SHIBUYA」で、2022年7月15日(金)から8月21日(日)まで「ARGONAVIS Thanks Exhibition from AAside」が開催されています。

「from ARGONAVIS」は、アニメ、舞台、リアルライブなどさまざまなメディア展開を行うボーイズバンドプロジェクトで、キャラクターを演じる声優自身も「Argonavis」「GYROAXIA」それぞれのバンドメンバーとして生演奏のライブを中心に精力的に活動しています。

 今回の企画展は、2022年1月31日(月)にサービスを終了したスマートフォンゲーム『アルゴナビス from BanG Dream! AAside(ダブエス)』を楽しんでいたすべての方への感謝を込めて行われるもので、『ダブエス』の世界をリアルとデジタルのコンテンツで追体験できます。

 会場では「LRフェス 1st Round前に行われたプロモーションVTR撮影の様子」を収録した5本の描き下ろしバンドストーリーと、「LRフェス 2nd Roundの終了後、大学で偶然出会った蓮と那由多のやり取り」を描くボイス付きメインストーリーを楽しめます。

 さらに、アニメから始まって『ダブエス』で繰り広げられたストーリーを振り返る展示、Argonavisの下北沢シェアハウスとGYROAXIAの西新宿シェアハウスをリアルに再現したジオラマ、ソニー独自の視線認識技術を用いて裸眼でボーカル6名のミニキャラを立体的に見られる空間再現ディスプレイ、ボーカルキャスト6名へのインタビューなどが展示されます。

 企画展開催にあたり、DNPはブシロード監修・協力の下でARコンテンツを活用した「ライブ演出AR付きアクリルスタンド」を開発。東京アニメセンター店頭とDNP XR MALLで8月から販売予定です。

 アクリルスタンドは七星 蓮/旭 那由多の全2種類で、アクリルスタンドに付属するQRコード付きパーツを台座に差し込んでスマートフォンの「HoloModels」アプリで読み込むと、スマホ上にライブステージが出現。さらに「from ARGONAVIS」の楽曲が流れ、何度でもARライブを楽しめます。

 同様のAR技術は入場特典として配布される『ダブエス』AR機能付きカード(全25種)にも使用されており、カード裏面のQRコードを「HoloModels」アプリで読み込むと、表面に描かれたカードイラストの絵柄変化後のデザインを立体的に楽しめます。

(マグミクス編集部)

【画像】最新技術で『ダブエス』の世界をもっと楽しむ!(6枚)

画像ギャラリー