マグミクス | manga * anime * game

ガンダムが溶鉱炉に!? 井上敏樹脚本の『機動絶記ガンダム SEQUEL』が連載決定

マンガサイト「コミプレ -Comiplex-」で、2022年7月29日(金)から『機動絶記ガンダム SEQUEL』の連載が始まります。『仮面ライダークウガ』など数々の「ライダー」作品に携わってきた井上敏樹氏が脚本を担当しており、井上氏と「ガンダム」の初タッグが実現します。

RX78-2 ガンダムの消滅から始まる新たな物語!

井上敏樹氏脚本によるマンガ『機動絶記ガンダム SEQUEL』 (C)創通・サンライズ Toshiki Inoue Taro Chiaki / ヒーローズ
井上敏樹氏脚本によるマンガ『機動絶記ガンダム SEQUEL』 (C)創通・サンライズ Toshiki Inoue Taro Chiaki / ヒーローズ

 マンガサイト「コミプレ -Comiplex-」の「ヒーローズ」レーベルで、2022年7月29日(金)正午から「ガンダム」シリーズのコミック最新作『機動絶記ガンダム SEQUEL(シークエル)』の連載が始まります。

『機動絶記ガンダム SEQUEL』は、作画を千明太郎先生、脚本を井上敏樹氏が担当しています。井上氏はテレビ朝日で毎週日曜朝に放送中の特撮番組『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』をはじめ、『仮面ライダークウガ』など数々の「ライダー」作品に携わってきた脚本家で、「ガンダム」とタッグを組むのは今作が初となります。作画の千明先生は、これまでに『ヨメクラ』、『魔王の娘、すごくチョロい。』などを手がけています。

 ヒーローズが運営する「コミプレ -Comiplex-」は、「ヒーローズ」、「ふらっと」、「わいるど」の3レーベルが集まった、毎週金曜12時更新のマンガシアターです。「ヒーローズ」レーベルでは、6月24日(金)からカサハラテツロー先生10年ぶりの完全オリジナル新作マンガ『エアドラ』の短期集中連載が始まっており、近未来の日本を舞台に戦場で戦うパイロットの姿が描かれています。

●『機動絶記ガンダム SEQUEL』あらすじ

「あれが…最後のガンダムか」。舞台は大戦が終結した地球圏。戦争を終結へと導いた、いわば守護神ともいえる「ガンダム」は、今や平和の敵とみなされていた。その20年後。舞台は、中年女性・カオリスの処刑が実行されようとしている帝都ガン・ドラドへと移る。串刺し、火だるまになった彼女だったが……。

(マグミクス編集部)

【画像】「コミプレ」で連載中!異色のロボットSFマンガ『エアドラ』

画像ギャラリー