マグミクス | manga * anime * game

【漫画】娘たちをサプライズで「映画館デビュー」させた母親 帰宅後の出来事に「心が洗われた」

人気のアニメ映画を観るため、幼い娘たちを初めて映画館へ連れて行った母親。ドキドキしながら初めての映画館を楽しんでいる様子の娘たちでしたが……。帰宅後の出来事に対し、ネット上では「優しくて涙が出てきた」などの声が上がっています。

初めての映画鑑賞は大好評 喜ぶ娘たち

マンガ「映画を観に行った話」のカット(さざなみさん提供)
マンガ「映画を観に行った話」のカット(さざなみさん提供)

 娘たちと映画館に行ったエピソードを描いたマンガ「映画を観に行った話」が、Instagramで約6000の「いいね」を集め話題になっています。人気のアニメ映画を観るため、幼い娘たちを初めて映画館へ連れて行った母親。ドキドキしながら初めての映画館を楽しんでいる様子の娘たちでしたが……という内容で「優しくて涙が出てきた」「とてもすてき!」「心が洗われました」などの声が上がっています。

 このマンガを描いたのは、イラストレーターのさざなみさんです。InstagramTwitterでは、子育てなど日常をテーマにしたエッセイマンガの発表や情報発信などを行っています。2021年1月に『「どんなときでも味方だよ」って伝えたい!』(KADOKAWA)を出版しました。

ーーマンガを描き始めたのは、いつごろからでしょうか?

 小学生の頃、セーラームーンにどっぷりとハマっていました。自分でも、セーラームーンを描けるようになりたくて、アニメや原作マンガの絵を模写しているうちにお絵描き自体が楽しくなり、オリジナルのイラストやマンガを描くようになりました。育児をしていると、仕事をしているときとは違う難題に何度もぶち当たります。そのたびにいろいろと悩んで、何かに気付いて、乗り越えてきました。何度も思い返す、そんな気付きの瞬間をマンガに描いてみようと思い、Instagramに投稿を始めました。私と同じように悩んでいる人のヒントになったり、もっとこうすればいいという知恵を教えてもらったりできる機会になると思ったからです。

ーー今回のマンガを描いたきっかけを教えて下さい。

 長女は小学校に入学し、以前ほど頻繁におばあちゃんのところへ遊びに行けなくなりました。その分、会えたときや電話をしたときにはおしゃべりが止まらなくなります。うれしそうに聞いてくれるおばあちゃんの様子を見て、この出来事を思い出しました。

ーー娘さんたちの「映画館デビュー」について、何かプランはあったのでしょうか?

 ふたりともよくTVで観ているアニメの映画化だったので、TVCMが流れるたびに娘たちから、「観に行きたい」「いつ行ける?」などとおねだりされていました。私自身、アニメ映画を観たい気持ちがあったので、子供が言い出してくれてうれしい気持ちでした。確約してしまうと、何かの都合で行けなくなったときにかわいそうなので、当日映画館に着くまで内緒にしていました。グッズについては、娘たちそれぞれにひとつずつ買うことと、何が欲しいと言われてもその意志を尊重してあげることは決めていました。

ーーお子さんたちは、「また映画館に行きたい」と言っていますか?

 次女はもちろん、長女もはじめは暗い館内や予告映像に怖がっていました。しかし、観終わった後はひとつ成長したかのように誇らしげでした。ふたりとも、またぜひ行きたいと言っています。一大イベントとして喜んでくれてうれしいです。

ーーおばあちゃんとは、よくお話をするのでしょうか?

 電話をしたり、オンラインで顔を見ながら話したりしています。長女が書いたお手紙に、おばあちゃんが季節のはがきでお返事をくれる、などのやりとりもあり、成長をいつも見守ってくれています。

ーー娘さんたちは、映画の話をおばあちゃんたちにしましたか?

 買ってきたグッズや入場者プレゼントを見せながら話していました。

ーー「おばあちゃんはすごい」という娘さんの言葉を、どう感じましたか?

 本当に「その通りだな」と改めて感じました。ありがたい存在であることをかみしめました。

『「どんなときでも味方だよ」って伝えたい!』(KADOKAWA)
『「どんなときでも味方だよ」って伝えたい!』(KADOKAWA)

ーー作品について、どのような意見が寄せられていますか?

「おばあちゃんってそうだよね」と、共感して下さるコメントが多かったように思います。私はたまたま「おばあちゃん」に限定して描いてしまいましたが、「『おじいちゃん』も『おばちゃん』『おじちゃん』もそうだよ!」というコメントには、ハッとしました。うれしいことがあった子が、「うれしかったんだよ!」と素直に気持ちを表現できる場があること。その子を取り巻く家族や知り合いが、その子の喜びを見守っていること。そんな温かい関係性がいろいろなところにあるんだなと、うれしくなりました。

ーー現在取り組んでいる創作活動について教えて下さい。

 生活の中の小さな場面、落ち着く光景、少し面白い出来事などを、少しずつ描きとどめていけたらいいなと思っています。

(マグミクス編集部)

【マンガ】「薄暗い照明」「ポップコーンのにおい」 初めての映画館にワクワクする娘たち 本編を読む

画像ギャラリー