マグミクス | manga * anime * game

『バキ』最凶死刑囚の最強は? 毒手、催眠術、暗器…何でもありゆえに予想が難しい

2021年に30周年を迎えた「刃牙」シリーズのなかで、2部『バキ』の「最凶死刑囚編」に登場する最凶死刑囚5人のうち「誰が最強か」が、たびたび読者の間で話題にあがっています。ネット上では特にスペック、ドリアン、柳を支持する声が多いようですが、具体的にどのような意見があるのか紹介します。

シンプルに怪物なのはスペック、厄介なのは柳の毒手、総合力はドリアン……

最凶死刑囚たちも描かれたTVアニメ『バキ』ビジュアル (C)板垣恵介(秋田書店)/バキ製作委員会
最凶死刑囚たちも描かれたTVアニメ『バキ』ビジュアル (C)板垣恵介(秋田書店)/バキ製作委員会

 1991年に連載が開始されて以降、未だ熱狂的な読者が多い「刃牙」シリーズは、30周年を迎えた2021年に、累計発行部数8500万部を突破しています。同シリーズではこれまで数多くの超人たちがバトルを繰り広げており、ネット上のファンの間では「最強は誰か」とたびたび話題にあがっています。今回は2部『バキ』の「最凶死刑囚編」に登場する5人の「敗北を知りたい」超人死刑囚たちのなかで誰が最強なのか、読者の意見を紹介します。

 それぞれが最凶の能力を保有している、スペック、ドリアン、柳、ドイル、シコルスキーの5人の死刑囚。ネット上では特にスペックの身体能力、武器調達能力の高さと、ドリアンの幅広い戦闘力、柳の毒手への評価が高いようです。

 スペックを支持する人は、「1番分かりやすく、化け物じみた身体能力」「心肺機能が人外の領域」などの意見がありました。スペックは220センチの巨躯を自在に操り、金歯で牢を破り脱獄、5分間もの無呼吸運動も可能で潜水艦の刑務所から泳いで脱出、無呼吸の状態で連打を繰り出すと自由の女神像すら破壊するほどの威力……などなどそのシンプルな怪物ぶりが評価されているようです。「死刑囚のなかで一番無軌道に暴れてて清々しい」「花山に負けた後の顛末含めインパクト絶大」と人気を集めています。

 また、中国拳法の達人で白人唯一の海王・ドリアンについては「単純に総合能力がいちばん高いのはドリアンでしょ」「達人な上に暗器に催眠術と攻撃の幅が広い」という声が寄せられていました。中国拳法の高い技量を持ちながらも、「相手に自分に都合の良い幻覚を見せる」という催眠術も使いこなすなど、幅広い戦闘スタイルが読者からの支持を集めています。

 そして、死刑囚のなかで唯一の東洋人・柳は小柄な体格ではありますが、他の受刑者から猛毒使いとして恐れられています。「鞭打」や暗器の扱いも達人ですが、掌のなかに真空空間を作り出し「酸素濃度6%以下」の気体を吸わせて失神させる「空掌」と、多種多様な毒物を混ぜた「毒砂」に手を入れ洗薬で洗うことを繰り返して手に入れる「毒手」というふたつの毒を使い、刃牙たちを翻弄しました。ネット上では、「触ったら終わりの毒手で大体倒せそう」「刃牙も毒には対抗できなかったし……」など、柳の毒能力にアドバンテージがあると考える人が多いようです。

 また、一見最強からは遠く見えますが、全身凶器だらけのドイルを支持する声もみられました。「まともに戦えば一番弱いだろうけど、何でもありの極地って感じで好き」「いかに不意を突くかの勝負だったらドイルが勝つかも」などの声が。体の各所に刃物・爆薬などの武器やギミックを仕こんでいる何でもあり感が、異色のファイターとして一定の読者の心をくすぐっていました。

 そして、ロシアの死刑囚・シコルスキーも「最凶死刑囚編」後半で負けまくってしまったこともあり、最強談議で名前があがりづらいキャラです。しかし、ロシア最強の戦士・ガーレンを倒し、猪狩にも圧勝する強さを持ち、ツルツルの壁面でも小さな傷やサビがあれば掴んで100メートル近く垂直に上ってしまう、指の握力と身体能力は驚異的でした。また、中指の第二関節を突出させた状態の拳を高速で振り、相手を切り裂く「カーヴィングナックル」は切れ味抜群。「なんとか高所での戦いに持ちこんだら、シコルスキーにも勝機あるのでは」「『カーヴィングナックル』の威力凄いし、決まればドリアンやスペックもさすがにたまらないはず」と予想する声もありました。

 最凶死刑囚たちは正攻法ではない戦いに長けており、タイミングや場所によっても勝敗結果が変わってきそうです。「最凶死刑囚編」の顛末を見る限り、彼らが万全の状態で再び登場することはなさそうですが、それでも「この5人で戦っていたら誰が勝ったんだろう」と考えてしまう人が多いようでした。

(マグミクス編集部)

【画像】強くて怖くて卑怯な最凶死刑囚たち(6枚)

画像ギャラリー