マグミクス | manga * anime * game

PS5の先行きは危うい? ハイパフォーマンス&高コスパながらも欠ける「独自性」

ロード時間の短縮に感激! しかし、気になる点も…

PS5のワイヤレスコントローラー「DualSense」。ハプティックフィードバックとアダプティブトリガーが、新たな体験を手助けする
PS5のワイヤレスコントローラー「DualSense」。ハプティックフィードバックとアダプティブトリガーが、新たな体験を手助けする

●高速SSDの恩恵で快適になったロード時間、しかし容量は問題になる場合も

 描画以外の性能面で特に驚いたのは、ロード時間の短さ。『Ghost of Tsushima Director’s Cut』や『Horizon Forbidden West』をプレイした際、遠くの場所へ素早く移動する手段「ファストトラベル」のロード時間が非常に短く、衝撃を受けました。

 両作品のPS4版も、ファストトラベルで長く待たされることはありません。しかし、PS5版だと所要時間はわずか数秒。ファストトラベル中は、ゲーム内のちょっとした情報が画面に出たりもしますが(待ち時間を無為にさせないため)、その文章を読み切れずに終わる場合が多々あります。SSDの恩恵を受けたロード時間の短縮は、家庭用ゲーマーにとって驚くべき進化のひとつでしょう。

 ですが、性能面に不満を感じる点もあります。その代表格は、SSDの容量の少なさ。内蔵されているSSDの容量は825GBですが、システムにある程度割かれるため、ユーザーが使えるのは667GBほど。スマホのストレージと較べると格段に多いように見えますが、扱うデータの大きさも段違いなのです。

 リッチなゲームだと、50GBを優に超えるものもあり、中には100GBを上回る場合も。こうしたゲームを複数入れておきたい方は、初期容量だけだと足りなくなり、いずれSSDを増設する必要性に駆られるかもしれません。

 遊ぶ時は1点集中だったり、こまめにインストールと削除を行ったりするなら、増設の必要はないでしょう。しかし、こうした使い方はひと手間かかるため覚悟は必須です。

 ちなみに筆者は、互換性能を活かしてPS4ソフトを数多くインストールしたかったので、外付けSSDを購入しました。なお現状のPS4本体は、PSVR専用機として使い分けています。

●PS5が買えないなら、ゲーミングPCで代用する?

 最近は、ゲーミングPCを視野に入れる方が増えてきました。ゲーム実況を通して興味を持った人もいれば、PS5が全然手に入らず、別の選択肢としてゲーミングPCを一考する人もいます。

 ゲーミングPCがPS5の代替になるかと聞かれれば、「それなりの範囲をカバーできる」というのが筆者の個人的な感想です。最近は、大手を含めた多くのメーカーがPC版(Steamなど)も視野に入れており、同時発売されるケースが増えました。

 PCにはリリースされていないゲームもありますが、PS4とゲーミングPCを併用すればそうしたゲームもフォロー可能。そしてPC版も出るゲームならば、PS5のスペックを超える環境で遊ぶこともできます。

 ただしゲーミングPCは、初期費用が大きくなりがち。求めるスペックによりますが、好環境を求めると20万円以上もザラですし、上を見ればさらにキリがありません。また、PS5と同程度の性能でいいと割り切っても、PS5の価格と較べてざっと2~3倍の予算は必要になりそうです。

 PCは多機能でできることが多いため、単純に家庭用ゲーム機と比べられません。ですが、家庭用ゲーム機は機能が特化しており、ゲームプレイにおけるコストパフォーマンスに限ってみれば、PCよりもPS5が格段に優れています。

 性能やプレイ環境で見れば、ゲーミングPCでカバーできる点は多く、その範囲は今後も拡大傾向にあります。PCで遊べないゲームは、現状はまだPS4でフォローできるので、PS5独自の強みはまだ少なめ。しかし、手頃なコストで最新ゲームを楽しみたい場合、価格面でゲーミングPCが太刀打ちできないのもまた事実です。

 マルチ展開におけるPC版のリリースが増え、専用ソフトもまだ少なく、「このハードだからこそ」といった強みが伸びきれないPS5。ロード時間の短さやPS4ソフトが遊べる互換機能は素晴らしい点ですし、コスパの良さも魅力ですが、購入しにくい現状が続くため、こうした長所を活かせていません。

 購入する機会さえ得られれば、ロード時間や後方互換性にも不満はなく、良質な描画と新たなゲーム体験をコスパ良く楽しめます。ゲーミングPCで代替が利く部分もありますが、カジュアル以上コア未満のゲームファンには最適解のひとつになり得るでしょう。

 一方で、「PS5ならでは」の魅力がまだ弱いため、個人的には独自性の強化を強く求めています。そのためには、ゲームファンを魅了するキラーソフトの登場と、PlayStation VR2による新たなゲーム体験の提供、そしてなによりユーザー層拡大に必要な購入のしやすさが欠かせません。今後の発展を、いちユーザーとしても望むばかりです。

(臥待)

【画像】PS5買えたらプレイしたい! 名作ソフトたち(9枚)

画像ギャラリー

1 2 3