マグミクス | manga * anime * game

9月13日は「北斗の拳の日」 悪党の断末魔「ひでぶ」にはキチンとした意味があった?

『週刊少年ジャンプ』の黄金期を作ったと言われる名作『北斗の拳』は、有名な断末魔をはじめとして数々の名セリフを生み出してきました。その斬新な作風は後の作品群だけでなく、あらゆる分野に大きな影響を与えています。

ジャンプ黄金期のきっかけを作った『北斗の拳』

『北斗の拳』究極版1巻(徳間書店)
『北斗の拳』究極版1巻(徳間書店)

 本日、9月13日は日本記念日協会に登録認定されている「北斗の拳の日」です。その由来は、1983年9月13日に発売された『週刊少年ジャンプ』41号から、マンガ『北斗の拳』の連載が開始されたからでした。

『北斗の拳』は武論尊先生の原作、原哲夫先生による作画と、作業が分担されています。しかし、この編成になったのにはある事情がありました。

 もともと『北斗の拳』は、週刊連載前に別冊である「フレッシュジャンプ」で2回読み切りマンガとして掲載されたのが、始まりとなります。この掲載時に2回とも読者アンケートで1位を獲得、その人気から本誌である「週刊少年ジャンプ」で連載が決まりました。

 そして本誌での連載開始前、原先生からの「作画に時間が掛かるため、ひとりでは週刊連載はできない」という意見を聞き入れ、担当編集だった堀江信彦さんが見つけてきた原作者が武論尊先生だったのです。ちなみに、堀江さんは後に「週刊少年ジャンプ」5代目編集長に就任。1995年3・4号に653万部の歴代最高部数を達成した時の編集長です。

 読み切り時は現代が舞台でしたが、武論尊先生から「肉体的な強さを出すには近代兵器がない方がいい」「武器のない時代設定にしよう」という意見が出て、本編の核戦争後の荒廃した世界観が生まれました。結果的に、この「荒廃した世界でのバイオレンスアクション」という点が本作の魅力とひとつとなります。

 そして、『北斗の拳』は第1回連載時の読者アンケートでは2位を獲得、それ以降は1位の座を3年間キープするほどの「ジャンプ」の看板作品となりました。当時は「週刊少年サンデー」が『うる星やつら』や『タッチ』によるラブコメ路線で、週刊少年誌1位の「ジャンプ」に猛追していたころです。この1983年には「サンデー」が歴代最高記録になる228万部に売り上げを伸ばし、300万部を割り始めていた「ジャンプ」にとって脅威となっていました。

 しかし、『北斗の拳』人気が「サンデー」の猛追をかわし、人気絶頂期となった1984年末には「ジャンプ」は400万部を突破する勢いを見せます。この人気により、ラブコメ路線に寄りがちだった「ジャンプ」編集部は、一気にアクション・格闘方面に舵を切りました。いわゆる「ジャンプ黄金期」の始まりです。

 こうして「ジャンプ黄金期」の幕開けとなった『北斗の拳』ですが、その与えた影響は「ジャンプ」だけにとどまらず、他のアニメやマンガ、実写作品や映画まで幅広いジャンルに渡ります。

【画像】今でも大人気『北斗の拳』の派生作品、どれくらいチェックしてる? ゲーム、実写版、ミュージカルまで(14枚)

画像ギャラリー

1 2