マグミクス | manga * anime * game

実写『幽遊白書』で未発表のキャストを予想&妄想! おしゃぶりが似合うイケメンは誰?

ジャンプ黄金期を支えた名作マンガ『幽☆遊☆白書』が、Netflixにて実写ドラマ化されることが発表され話題を呼んでいます。浦飯幽助や桑原、蔵馬、飛影と主要キャラクターのキャストが発表されましたが、まだ知らされていないあのイケメンキャラは一体誰が……? ネットの声も調査しつつ、キャストを予想&妄想します。

コエンマ、左京、鴉……誰にやってほしい?

主人公・浦飯幽助を演じる北村匠海さん。『幽☆遊☆白書』キャラクタービジュアル (C)Netflix
主人公・浦飯幽助を演じる北村匠海さん。『幽☆遊☆白書』キャラクタービジュアル (C)Netflix

 冨樫義博先生の代表作のひとつである『幽☆遊☆白書』の実写ドラマ化が決定し、2022年7月に主人公・浦飯幽助など主要キャラのキャストも発表されました。また、一部のネットニュースや撮影ロケ地と思われる場所付近での目撃情報などから、幽助の前に立ちはだかる強大な敵・戸愚呂兄弟の配役が兄・滝藤賢一さん、弟が綾野剛さんという噂も浮上し、ますます話題を呼んでいます。

 さて、『幽☆遊☆白書』には他にも魅力的なキャラクターがたくさんいるのですが、メイン4人以外の配役は公式未発表です。そこで今回は、ネットの声も調査しつつ、作中に登場するイケメンキャラのキャストを予想&妄想します。

 まずは、幽助を霊界探偵に任命し、さまざまな任務を指示するコエンマです。子供の姿と長身イケメンの姿とでキャストを分けるのであれば、子供コエンマ役は寺田心さん、大人コエンマ役は横浜流星さんや吉沢亮さんという予想や願望の声が多数見られます。また、コエンマのビジュアルによく似ているうえに、「おしゃぶりをしてもハマりそうなベビーフェイス」と考えれば、神木隆之介さんや千葉雄大さんら、童顔の俳優さんがキャスティングされてもおかしくなさそうです。

 続いて、戸愚呂兄弟とも大きく関わる左京も、外せないキャラでしょう。幽助たちを翻弄する悪役にして、危険な大人の色気を持った人物でもあるので、これまでも数々の実写化作品に出演してきた伊勢谷友介さんが似合うのではないか、という声が多いようです。他にも、北村一輝さんや、『BLEACH』の朽木白哉役の再現度でファンを驚かせたMIYAVIさんに演じてほしいという声などもありました。左京はイケメンで老け顔ではありませんが、20代には出せないような貫禄と経験も感じさせるので、やはりアラフォーのクールな俳優さんがハマりそうです。高橋一生さんも眼光の鋭さ、ビジュアルのシャープさで左京の危険なイケメンぶりを再現できるのではないでしょうか。

 また、『幽☆遊☆白書』のイケメンのなかでも屈指の人気を誇る敵キャラ・鴉はどうでしょう? 美しいものを好み、醜いものを嫌う鴉が蔵馬に向けた名ゼリフ「トリートメントはしているか?」を誰が言うのかは、かなり気になるところです。ネットの声を見ると、候補としてGacktさんやYOSHIKIさんなど、ロン毛も似合うヴィジュアル系の方を推す声が多く見られます。人気キャラのため、「この人じゃないだろうか」という予想より、「この人にやってほしい」と熱望する人が多数出てきています。もう少し年齢若めで鴉のビジュアルに近そうな俳優さんでいうと、『銀魂』の桂小太郎役もハマっていた岡田将生さん、『るろうに剣心』で剣心役としてこれ以上ない再現度を見せた佐藤健さん、もしくはロン毛のイメージがしっかり定着しており、近年は俳優業も増えている栗原類さんなども考えられます。

 ちなみに、幽助役の北村匠海さんや蔵馬役の志尊淳さんは、今回の実写版を手がける月川翔監督の過去作に出演しています。月川監督組の撮影になれている俳優を起用するのであれば、例えば凍矢役には『黒崎くんの言いなりになんてならない』に出演した中島健人さん、陣役には『となりの怪物くん』に出演した菅田将暉さん、死々若丸に古川雄輝さんなどが抜擢される可能性も考えられます。

 実写ドラマ『幽☆遊☆白書』がNetflixで配信されるのは2023年12月予定のため、まだまだ時間はたっぷりとあります。Netflixで潤沢な予算のもと作られるのであれば、びっくりするような豪華な顔ぶれもありうるでしょう。果たして、誰がどんなキャラを演じるのか、今後の情報公開に期待が膨らみます。

(弁天寿)

【画像】2・5次元の方は? 舞台版『幽☆遊☆白書』を見る

画像ギャラリー

1 2