マグミクス | manga * anime * game

肥大化し続ける「ゲーム開発」の予算 遊ぶ側にはメリットも、市場には「落とし穴」が

近年のゲームは「開発費が昔とはケタ違いに高い」と聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。ハード技術とゲームの面白さの進化を享受できるのは良いことですが、予算が大きくなることで私たちプレイヤーに及ぶ影響は、決してメリットだけではないようです。

世界的ヒット作の「開発費」と「利益」を試算してみると…

ゲーム開発のイメージ(画像:イラストAC)
ゲーム開発のイメージ(画像:イラストAC)

 コンピューターゲームをプレイされる方はもちろん、そうでない方も、ゲームのクオリティが昔と段違いであることはおわかりだと思います。時代に伴う高性能化により、プレイヤーである私たちは以前の何倍もの楽しさを体験し続けられますが、同時に増え続けているのがゲームの「開発費」と「開発期間」です。それらは私たちにどのような影響を及ぼしているのでしょうか?

 まずゲームの開発費といっても、落ちモノゲームのようなカジュアルなものと超大作RPGを同じには語れません。ただあくまでも参考として述べると、日本の家庭用ゲーム機の場合、開発会社の約半数が最大5000万円程度でゲームを作り、残りがそれ以上の予算を投じています。そしてひと握りの会社が、10億、20億とかけているイメージです(参考:「CESA ゲーム白書 2021」)。

 ファミコン時代の開発費は数百万円、大作でも数千万円と考えらており、単純に見るとここ30年ほどで最低でも10倍程度になっていると言えるでしょう。

 さらに海外のいわゆる「AAAタイトル」ともなると、100億円、200億円という巨額の開発費を投じて作られます。これはハリウッド映画の制作費に匹敵する規模とも言われます。

 しかし、それだけの開発費を投じて回収することはできるのでしょうか? ちょっと計算してみます。

 AAAゲームの代表格である『グランド・セフト・オートV』(GATV)を例に取ると、開発費は264億円、売り上げは全世界で1.7億本だそうです。販売価格は平均7500円程度です。これを1本売ったことによるメーカーの儲けは大体50%と言われているので3750円とすると……

3750円 × 1.7億本 > 264億円

であれば、開発費を回収して儲けが出たということになります。

 実際に計算してみると6375億円ということになり、開発費を回収して更に24倍もの利益をあげたことになります。これはもうバケモノですね。

 ただし、704万本を売らないと損得ゼロ(264億円)にならない点には注意です。ミリオンセラーどころではありません。みなさんがもし社長ならそんな計画にゴーサインを出すかどうか、考えてみてください。

 余談ですが、『GTAV』は前作から5年後に発売されているそうで、予算とあわせて単純計算すると、のべ440人ぐらいの人が開発に携わっていたのではないかと想像されます。

開発費は「アベノマスク」予算とほぼ同額? 売上もバケモノ級の海外ゲームを見る(7枚)

画像ギャラリー

1 2

タシロハヤト

美少女ゲームブランド「âge(アージュ)」の創立メンバーで、長らくシナリオ、演出、監督等を務める。代表作は「君が望む永遠」シリーズ、「マブラヴ」シリーズ。現在はフリーで活動中。『シャーマンキング』の作者、武井宏之氏と旧知の関係である縁から、同作の20周年企画に参加している。
https://twitter.com/tamwoo_k