マグミクス | manga * anime * game

主人公以上に愛される! 「1位」や「主役」を獲った悪役キャラたち

主役になってしまった悪役も

日本のアニメ史上最も有名な悪役かもしれない「ガンダム」シリーズのシャア・アズナブルは『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』ではついに主役に昇格。画像はアニメ版ビジュアル  (C)創通・サンライズ
日本のアニメ史上最も有名な悪役かもしれない「ガンダム」シリーズのシャア・アズナブルは『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』ではついに主役に昇格。画像はアニメ版ビジュアル  (C)創通・サンライズ

●「カイジ」シリーズの利根川幸雄

「Fuck You ぶち殺すぞ…ゴミめら…!」などの名言で知られる「カイジ」シリーズの利根川幸雄も人気のある悪役で、利根川を主人公にしたスピンオフ『中間管理録トネガワ』が作られました。

 こちらは本編とは大きく内容が異なり、帝愛グループの会長・兵藤和尊の無茶ぶりに振り回される中間管理職・利根川の悲哀が描かれた、ゆるいギャグマンガになっています。

 また、『賭博破戒録カイジ』に登場する大槻班長、一条も人気の悪役キャラで、それぞれを主人公にした『1日外出録ハンチョウ』『上京生活録イチジョウ』が連載中です。

●「とある」シリーズの一方通行

『とある魔術の禁書目録』をはじめとする「とある」シリーズの悪役・一方通行(アクセラレータ)は、序盤ではボスキャラ的なポジションで主人公の上条当麻を苦しめますが、外伝の『とある科学の一方通行』とスピンオフ作品『とある偶像の一方通行さま』には主人公として登場しました。

『とある科学の一方通行』は一方通行の俺様キャラが活きたダークヒーローモノ的なテイストの作品、『とある偶像の一方通行さま』は本編とは大きく異なる、ゆるいギャグマンガに仕上がっています。

●「ガンダム」シリーズのシャア・アズナブル

 シャア・アズナブルは、日本アニメ史上でも最も有名な悪役のひとりでしょう。

「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを」「坊やだからさ」「君はいい友人であったが、君の父上がいけないのだよ」など、明日すぐにでも使いたくなる名言をいくつも残しました。

 根っからの悪役とは違い、シャアが「ガンダム」初代主人公のアムロ・レイと敵対するのは、ひとえに立場の違いであり、『機動戦士Ζガンダム』ではふたりが共闘する胸熱な展開を見ることもできます。その複雑さも人気の秘訣でしょう。

 NHK BSプレミアムの番組『発表!全ガンダム大投票』(2018年)では、キャラクター部門総合ランキングでアムロをかわして1位を獲得。その人気ぶりを証明しています。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では生い立ちが詳細に描かれ、明確に「もうひとりの主人公」として登場しました。

●番外編:何度も復活!『ジョジョの奇妙な冒険』のDIO(ディオ・ブランドー)

 長寿シリーズ『ジョジョの奇妙な冒険』の第1部からの悪役・ディオ・ブランドーも、マンガ史上に残る巨悪として有名です。「ゲロ以下のにおいがプンプンする」と言われるほどの純粋悪でありながら、不思議な縁のある主人公・ジョナサン・ジョースターにはリスペクトを忘れない、もうひとりの主人公のような存在として強烈な印象を残しました。

 第3部では復活して、ボスキャラ・DIOとして登場。承太郎に敗れて消滅後も、息子・ジョルノが5部の主人公になったり、6部のラスボス・プッチ神父に強い影響を与えていたりと、たびたびその存在感を示し、7部では吸血鬼ではなく天才ジョッキーのディエゴ・ブランドー(Dio)として再登場しました。公式な人気投票が行われていないため、実際の人気のほどは不明ですが、何度も登場したDIOは『ジョジョ』において最も存在感のあるキャラクターのひとりと言えるでしょう。

 その他、スピンオフ『北斗の拳 イチゴ味』で主人公になって笑いを取りまくるサウザーや、『復活のフュージョン!悟空とベジータ』『ドラゴンボールZ 復活の「F」』など倒された後も事あるごとに復活するフリーザ、『ワンパンマン』でサイタマよりも主人公のように描かれている「絶対悪」志望者のガロウ、公式サイトの人気投票で杉元には勝てなかったものの僅差の2位につけた『ゴールデンカムイ』の尾形百之助など、存在感たっぷりな悪役はまだまだいます。皆さんのお気に入りの悪役は誰ですか?

(ニコ・トスカーニ)

【画像】並べて見るとオールスター? 人気が高すぎるアニメの悪役たち(11枚)

画像ギャラリー

1 2