マグミクス | manga * anime * game

1話から「不意打ち」の2022秋アニメ・3選 「ほのぼの展開と思いきや殺し合い」

年々増える配信本数、どんどん放送される新作…どのアニメを見るか、選ぶのもなかなか難しい時代になりました。そんな時、アニメの方から捕まえに来てくれるような出会いがあると嬉しいものです。ここでは、第1話から不意打ち展開の2022年秋アニメ3作品をご紹介します。

展開が「斜め上過ぎ」なアニメたち

「Cygames」によるオリジナルアニメは、過去にも『ゾンビランドサガ』でサプライズな1話を演出していた (C)「アキバ冥途戦争」製作委員会
「Cygames」によるオリジナルアニメは、過去にも『ゾンビランドサガ』でサプライズな1話を演出していた (C)「アキバ冥途戦争」製作委員会

 アニメの新番組を見ていると、製作者側の「視聴者を掴まえて離さない」という強い意思を感じることがあります。それは、私たちを心地良いショック状態におちいれる、不意打ち展開がある1話目です。この記事では、2022年の秋アニメから、そんな1話だった3作品を紹介します。

●アキバ冥途戦争

『SHIROBAKO』『花咲くいろは』などお仕事アニメを制作してきたP.A.WORKSの最新作は、メイドさんの物語だと事前に発表されていました。ところが1話の冒頭では、メイドがメイドを発砲する、衝撃的な銃撃事件から物語は始まります。

 時は流れて西暦1999年の秋葉原。家電量販店が立ち並ぶ懐かしい街並みに、可愛いメイドを志すひとりの少女が降り立ちました。和平(わひら)なごみ、17歳。豚小家がモチーフのメイド喫茶「とんとことん」で働き始めた彼女がおつかいに出された先は、敵対するメイド喫茶の系列店。そこで見たものは、ケジメとしてツインテールを片方詰めさせられているウサ耳メイドの姿でした。

 実はなごみの用件は、その敵対するメイド喫茶へケンカを売る宣戦布告だったのです。落とし前を迫られ、ビンタを食らわされ続ける、何も知らないなごみ。彼女を救ったのは、同行していた新人メイド仲間の万年嵐子(まんねんらんこ)、35歳です。嵐子は拳銃で店長の頭をハジいて逃走。追手のメイドたちを皆殺しにするのでした。とんとことんで行われているライブの曲に乗せた、見事なオタ芸の振り付けにそった二丁拳銃で……。

 メイドの可愛らしいお仕事モノかと思いきや、まるで任侠の世界が描かれているのです。キービジュアルや事前に公開されていたPVからは想像もつかない、殺伐とした世界観に度肝を抜かれました。

2話からは、異世界に転生した影野が田舎貴族の冴えない第2子として暮らすかたわら、陰の実力者への道を歩み始めることになる (C)逢沢大介・KADOKAWA刊/シャドウガーデン
2話からは、異世界に転生した影野が田舎貴族の冴えない第2子として暮らすかたわら、陰の実力者への道を歩み始めることになる (C)逢沢大介・KADOKAWA刊/シャドウガーデン

●陰の実力者になりたくて!

 舞台は現代日本です。西野アカネは映画女優にして財閥のお嬢様、しかも意識して校内の人気者になるほどの努力家です。そんな彼女の名前を3ヶ月も間違え続けているのは、隣の席の目立たない男子・影野ミノルでした。

 ある日、悪意ある者の手によってアカネが誘拐されてしまいます。そこでついに、陰の実力者になりたくて鍛え続けていた影野の実力が解き放たれました。現れる自称スタイリッシュ暴漢スレイヤーは、バールをトンファーのように使いこなして無事に救出します。助かった西野は、影野がなぜか気になるようになって……。

 と、ここまでが「原作をアニメ化していない」第1話のあらすじです。「そこまでするか」と言いたくなるほど作り込まれたアニメオリジナルの前日譚に、ファンタジー作品だと思っていた原作未読組はもちろん、既読組も強い衝撃を受けました。そして物語は第2話から、真の開幕を迎えることになりました。

令和初のガンダムTVシリーズ最新作は女性が主人公。学園が舞台であることも新鮮に感じる (C)創通・サンライズ・MBS
令和初のガンダムTVシリーズ最新作は女性が主人公。学園が舞台であることも新鮮に感じる (C)創通・サンライズ・MBS

●機動戦士ガンダム 水星の魔女

 出会い、戦うのがガンダムの宿命です。けれども、その舞台が学園で、争う目的が、ひとりの少女を花嫁にする権利だとしたら? 『水星の魔女』はSFとして、ロボットものとしてのガンダムを受け継ぎながらも、そんな予想外の1話を視聴者にぶつけてきた作品です。

 宇宙に漂流した少女を発見して助けたと思いきや、脱走の邪魔をされたと当人から怒られる。かと思えば、生まれて初めて本物のトマトを食べて目を輝かせる。そんなスレッタ・マーキュリーが7年ぶりのガンダム最新作の主役であり、ガンダムTVシリーズ初の女性主人公となります。

 モビルスーツで行う決闘の勝者が正義となる学園で、スレッタは転入初日から、オラオラ系男子のエースパイロット=グエル・ジェタークと退学を賭けて決闘します。その決闘で勝手にガンダムを拝借して「これは私の喧嘩よ」と戦い始めたのは、グエルの婚約者であるミオリネ・レンブランです。非正規の人間が勝手にガンダムに乗り込むという、『機動戦士ガンダム』1話のアムロ・レイを思い出してニヤリとするシーンも。

 スレッタはガンダムの操縦をミオリネから奪い返して、グエルに勝利します。そこで明かされるのが、冒頭に書いた花嫁制度でした。女性同士ということでスレッタは困り顔。一方のミオリネは「水星ってお堅いのね。こっちじゃ全然アリよ。よろしくね、花婿さん」と、同性との婚約関係にまんざらでもなさそうな様子に二度びっくりです。普段はオドオドしているけど、ゆずれない信念を胸に秘めているスレッタと、勝ち気な性格のミオリネ。自分を強く持ったふたりのガール・ミーツ・ガールに、終始視聴者は振り回されっぱなしになる、強いフックの1話でした。

* * *

 予定調和をひっくり返されるポイントが増えるほど、あっと驚かされる嬉しい悲鳴も増えます。アニメの1話を見る際には、あわせて自分の中にある印象にも細かく注目してみることで、より楽しみを深めることができるでしょう。

(かーずSP)

【画像】メインキャラ全員死亡!? 「衝撃的な1話」で話題の名作アニメたち(10枚)

画像ギャラリー