マグミクス | manga * anime * game

あなたが好きな「ゲームメーカー」は? 任天堂にソニー、スクエニ等がせめぎ合う!【アンケート実施】

いくつものゲームを遊んでいると、特定のゲームメーカーに惹かれることも多々あります。しかし、その意見は千差万別。そこで今回、「あなたが好きなゲームメーカーは?」と題する読者アンケートを実施します。

大手だけでも、個性や特徴がそれぞれ異なる「ゲームメーカー」たち

ゲームハードを開発・販売している任天堂やソニーは、同時にゲームソフトも手がけている
ゲームハードを開発・販売している任天堂やソニーは、同時にゲームソフトも手がけている

 長くゲームを遊んでいると、特に惹かれる作品がいくつも見つかりますが、それらが特定のメーカーに偏っている場合も少なくありません。大きなゲームメーカーであっても、リリースする個別のタイトルが時に共通する魅力を持ち、それがメーカーの個性としてユーザーに受け止められていきます。

 そうした個性に惹かれ、贔屓(ひいき)のゲームメーカーを持つ方も多いことと思います。ですが……いえ、だからこそ、思い入れのあるゲームメーカーは人それぞれで異なるもの。また、世代によって意見が分かれる場合もあります。そこで今回、「好きなゲームメーカーは?」と題する読者アンケート企画を実施し、その傾向と実態に迫りたいと思います。

 ただし、ゲームメーカーと一口に言っても大小さまざま。昨今では、個人~小規模開発のインディーゲームも存在感を増しており、メーカーの全てを対象とすると選択肢だけで途方もない数になってしまいます。そのため、今回はゲームファンでなくとも名前を聞いたことがあるような、国内の大手メーカーのみに絞らせていただきます。

 今回対象となるゲームメーカーを一部紹介するので、投票の参考にしてください。

●任天堂

 任天堂は、一般の人が知るゲームメーカーの代表格といっても過言ではありません。「ファミリーコンピュータ」をきっかけに、日本全国にゲームブームを巻き起こした立役者であり、時代に合わせてさまざまなゲーム機をリリースし続けてきました。

 ですが、同社がゲーム機の提供に力を入れるのは、ハードを熟知することでより素晴らしいゲームを作るため。「面白いゲーム」をひたすら目指し続け、既存の枠組みを超えるような作品をいくつも生み出してきました。また、IPの成長・運用にも長けており、古くは『マリオ』に『ゼルダの伝説』、近年でも『スプラトゥーン』と、人気IPを多数抱えている点も見逃せません。

●ソニー

 任天堂のゲームハードと争い、互いによき好敵手として切磋琢磨してきた「PlayStation」シリーズを展開しているソニー。初代のPSは、任天堂一強時代を覆し、ゲーム業界に大きな革新をもたらしました。この時に登場した『どこでもいっしょ』や『アークザラッド』など、いくつものタイトルが初代PSを牽引します。

 その後、PSは代を経るごとに高性能を目指し、同社のゲームも緻密なグラフィックへ注力する方向に。PS2時代に生まれた『ゴッド・オブ・ウォー』は今も最新作が控える人気シリーズへと成長していますし、PS4・PS5時代は『Horizon』シリーズ(『Horizon Zero Dawn』、『Horizon Forbidden West』)などが人気を博しました。

●セガ

 今回の対象となるゲームメーカーのなかでも、特に大きな変動を迎えたのが、このセガです。かつてはゲームハードをリリースしており、ファミコン時代には「マークIII」や「マスターシステム」、以降も「メガドライブ」に「セガサターン」、「ドリームキャスト」などでコアなファンの心を掴んできました。今はスイッチやPS4などにゲームを提供する側へと回りましたが、名機の復刻版「メガドライブミニ」シリーズを令和に展開し、注目を集めています。

 ゲームソフト方面では、個性的なタイトルも目立っており、そこにセガらしさを感じるファンも多数います。世界的な大ヒットも遂げた『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』、極道の世界を描いた独自性の高さが魅力の『龍が如く』、国産オンラインゲームの草分け的存在の『ファンタシースターオンライン』などが特に有名です。

●カプコン

 アーケードと家庭用ゲームの両面で良質なゲームを生み出し、その移植や展開などで着実に支持を集めたカプコン。ファミコン時代には『魔界村』や『ロックマン』などで人気を博し、その後『ストリートファイターII』が対戦格闘ブームを巻き起こすほどの大ヒットを記録しました。

 初代PS時代には、『バイオハザード』でホラーサバイバルという分野を開拓。また、PS2では『モンスターハンター』でハンティングアクションを提案し、今や世界的な支持を集める人気シリーズに成長しました。このほかにも、『逆転裁判』に『デビルメイクライ』など、手掛けるジャンルの幅広さにも定評があります。

シリーズファンの多くが、『ファイナルファンタジーVII リバース』の登場を待ち焦がれている
シリーズファンの多くが、『ファイナルファンタジーVII リバース』の登場を待ち焦がれている

●スクウェア・エニックス

 スクウェア・エニックスの特徴といえば、RPGを得意としている点が挙げられます。国民的な人気を誇る『ドラゴンクエスト』と『ファイナルファンタジー』の両シリーズを抱えており、この2シリーズだけでも相当なタイトル数に上ります。また、『サガ』に『聖剣伝説』、『キングダム ハーツ』など、人気シリーズだけでも枚挙に暇がないほどです。

 2022年内の今後リリースされるタイトルだけでも、『ハーヴェステラ』に『タクティクスオウガ リボーン』、『スターオーシャン6 THE DIVINE FORCE』、『クライシス コア -ファイナルファンタジーVII- リユニオン』と、注目作が続出。また2023年には、『ファイナルファンタジーXVI』に『ファイナルファンタジーVII リバース』と、ビッグタイトルが控えており、今後も目の離せないメーカーのひとつです。

●今最も人気を集めるメーカーは?

 5社のゲームメーカーを紹介しましたが、版権モノも手広く扱う「バンダイナムコ」や、無双アクションも好評な「コーエーテクモ」、スポーツ系のほか『桃太郎電鉄』の復活でも話題となった「コナミ」も、ゲーム業界を長年支え続けてきました。

 今回はこの8社を選択肢としますが、そのほか好きなゲームメーカーがありましたら「その他」をご選択のうえ、自由記述でご回答お願いいたします。あなたが特に好きなのはどのメーカーでしょうか。率直なご意見、お待ちしています!

(臥待)

※本アンケート企画は、アニメ・マンガ・ゲームファンにおける意識調査の一環として実施します。優劣や良し悪しを判断する意図はございません。

※投票は締め切りました
あなたが好きな「ゲームメーカー」は? 任天堂にソニー、スクエニ等がせめぎ合う!【アンケート実施】
実施期間:2022/11/15~2022/11/22
合計:70票

1 2