マグミクス | manga * anime * game

『ワンピース』クロコダイルの技名が独特でおしゃれ 「実際やってることはエグい」

マンガ『ONE PIECE』に登場する元・王下七武海のクロコダイルは、渋かっこいい見た目だけでなく、独特なセンスが光る技名も人気です。「スナスナの実」特有の能力をカッコよく表したネーミングには、どれもファンの間で注目が集まっています。今回は、クロコダイルの技名の魅力や、ネット上の声を紹介します。

声に出して読みたい技名ばかり!

技を使う瞬間のクロコダイル「フィギュアーツZERO ONE PIECE [EXTRA BATTLE ]サー・クロコダイル -頂上決戦- 約205mm PVC&ABS製 塗装済み完成品フィギュア」(BANDAI SPIRITS)
技を使う瞬間のクロコダイル「フィギュアーツZERO ONE PIECE [EXTRA BATTLE ]サー・クロコダイル -頂上決戦- 約205mm PVC&ABS製 塗装済み完成品フィギュア」(BANDAI SPIRITS)

 人気マンガ『ONE PIECE』の敵役のなかでも高い人気を誇るクロコダイルは、最終章でも重要なポジションにつくキャラです。ロギア系の「スナスナの実」由来の独特な能力に加え、その技名も「超かっこいい」とネット上で話題になっています。今回は、クロコダイルの技名に隠された意味や魅力を紹介します。

 クロコダイルの技名は、漢字と仮名の組み合わせが特徴かつ魅力的です。例えば腕を砂でできた刀に変形させ攻撃する「砂漠の宝刀(デザート・スパーダ)」は、砂漠を意味する英語「デザート」と、イタリア語で剣を表す「スパーダ」を合わせた技名です。ネット上でも「かっこよすぎて、自分の必殺技として使う妄想したわ」という声が上がるほど。また手で地面に触れ、あらゆるものを干からびさせる「浸食輪廻(グラウンド・デス)」や、人工的に砂嵐を発生させる「砂嵐(サーブルス)」なども人気です。

 また、一見意味のなさそうな響きでありながら、しっかりとした由来があることで話題の技名もあります。代表的なものとして挙げられるのは、「三日月形砂丘(バルハン)」です。三日月状の刀で攻撃する姿が印象的な技ですが、実は同じ名前の地理用語が現実にも存在します。バルハンとは砂漠地帯で見られる典型的な砂丘のことで、上から見ると三日月形に発達しているのが特徴です。「漢字だけ見るとお堅い専門用語感が強いけど、仮名とか技のモーションとかが合わさると途端にかっこよくなる」と、独特なネーミングセンスに人気が集まっています。

 その他、技とのギャップが大きい名前として、「砂漠の向日葵(デザート・ジラソーレ)」があります。流砂を利用して相手を地中に引きずり込むという恐ろしい技で、ネット上で「流砂を向日葵に見立てているのがおしゃれ」「名前に反してやってることはエグい」と、こちらも名前と技自体のインパクトで読者の心に残っているようです。

 強さだけでなく技名のセンスも抜群なクロコダイルは、多くの読者から愛されています。最終章では、どのような活躍を見せてくれるのでしょうか。「スナスナの実」の能力のパワーアップや、新技にも注目が集まります。

(マグミクス編集部)

【画像】戦っていても、ただ座っていてもかっこいいクロコダイル!(4枚)

画像ギャラリー