マグミクス | manga * anime * game

亡きレジェンド声優・内海賢二さんが演じた好きなキャラは?「完全にラオウの中に入っている」

今は亡きレジェンド声優・内海賢二さんといえば、過去にさまざまな人気キャラを演じてきました。ネット上では「内海さんが演じたなかで1番好きなキャラ」が話題に。根強い人気を誇る『北斗の拳』のラオウ役のほか、『Dr.スランプ アラレちゃん』では則巻千兵衛を担当するなどギャグキャラもこなしています。

ド迫力で重厚感のある演技が冴える『北斗の拳』ラオウ

『北斗の拳』ラオウ役 画像はムック本『北斗の拳 ラオウ×ぴあ』(ぴあ)
『北斗の拳』ラオウ役 画像はムック本『北斗の拳 ラオウ×ぴあ』(ぴあ)

 亡くなった今もなおファンを魅了し続けるレジェンド声優・内海賢二(うつみ・けんじ)さん。2022年9月30日には、内海さんの声優活動を追ったドキュメンタリー映画『その声のあなたへ』が公開されました。ネット上では「アニメや声優好きの人に広く見てもらいたい」「声優の歴史と奥深さを学べた」と話題になっています。多くのキャラクターを演じてきた内海さんですが、皆さんはどのキャラクターが好きですか?

 ネット上で人気があるのは、やはり『北斗の拳』のラオウです。ラオウは圧倒的な力と威圧感で、主人公・ケンシロウのライバルとして立ちはだかります。低音を活かした内海さんの声に、「男性的な重厚感のある声と演技に惹かれる」「強さと優しさを見事に両立してる!」という声が。同じくレジェンド声優の柴田秀勝さんは、「(内海さんが)完全にラオウのなかに入っている」とコメントを残しています。

 また内海さんは『Dr.スランプ アラレちゃん』で則巻千兵衛の声を担当しました。千兵衛は自称「天才博士」のギャグキャラということもあり、ラオウとのギャップに驚く声が聞かれます。ネット上で「渋い声優さんがギャグを連発させたのにはビックリ」「コメディからダンディーなシーンの切り替えが大好き」という声が寄せられているように、どんな役もこなせるレジェンド声優の対応力が光ります。

 他にも『ドラゴンボール』のレッド総帥や神龍、『鋼の錬金術師』のアームストロングなど多彩な役が候補のひとつ。アームストロングは筋骨隆々なキャラなのですが、「内海さんの演技、筋肉馬鹿の性格がバッチリとらえられててすごい」と高評価を得ています。また『きかんしゃトーマス』のゴードンを演じたときは、「喜怒哀楽にあふれた演技で、さらに役が際立っている」と絶賛の声があがりました。普段は威張りやなゴードンですが、いざという時に頼りになる性格が内海さんの声を通して伝わってきます。

(マグミクス編集部)

【画像】今もファンに愛される声優・内海賢二さんが演じたキャラクター(5枚)

画像ギャラリー