マグミクス | manga * anime * game

『ワンピース』全巻を読むのに「コスパ最強」の方法は? 「漫喫」以上にお得な手段も

まだまだある、『ONE PIECE』を読む方法

マンガ好きにとっての夢の施設「立川まんがぱーく」外観。 (C)2013-2022 立川まんがぱーく AllRIGHTS RESERVED.
マンガ好きにとっての夢の施設「立川まんがぱーく」外観。 (C)2013-2022 立川まんがぱーく AllRIGHTS RESERVED.

●マンガ図書館(立川まんがぱーく)で読む場合

「飛騨まんが王国」「京都国際マンガミュージアム」「広島市まんが図書館」など、全国にはマンガ喫茶よりもはるかに安い値段の入場料でマンガが読み放題の、マンガ専門の図書館がいくつかあります。

 なかでも、立川市子ども未来センター内にある「立川まんがぱーく」は時間無制限で大人(高校生以上)400円、小中学生は200円で館内のマンガが読み放題という、夢のような施設です。

 仮に4日連続で開館から閉館(時短営業中 10:00~18:00)までいても、アプレシオの1day利用よりも安いという、驚愕のコスパです。ただし、マンガ喫茶も、マンガ図書館も、「自分以外の利用者が『ONE PIECE』を読んでいない」という状況でないと、一気読みはできないというデメリットがあります。

●アプリで読む場合

 マンガアプリは山ほどありますが、理論上「ONE PIECE 公式漫画アプリ」を使えば、毎日13時に貯まる「ログ」を消費することで、全話無料で読むことができます。ただし本誌掲載からアプリの配信対象になるまでタイムラグがあるのと、1日に獲得できるログは限られているので104巻分無料で読むには相当な時間がかかります。

 アプリはフルカラーのため、その作業分のタイムラグがあるのだと思われます。調査時点で配信されていたのは、99巻まででした。全巻配信されるまで、当分かかりそうです。

 それ以外であれば、「少年ジャンプ+」がおすすめです。不定期にエピソードの完全無料開放が行われているほか、有料の「コイン」ではなく無料でゲットできる「ポイント」で読めるエピソードも多くあります。

 記事執筆時点で『ONE PIECE FILM RED』公開記念で、「少年ジャンプ+」配信分の1047話の内、1~108話(イーストブルー編)、701~806話(ドレスローザ編)の214話が完全無料です。また、それ以外のエピソードも、アプリ内のゲームとCM動画視聴で無料獲得できる、ボーナスコイン30枚分で読めるようになっています。ボーナスが使えず、課金の必要なコインを消費するのは103巻収録分を含む31エピソード分のみで、時間はかかるものの理論上は1000円払えば103巻収録分まで全話読める計算になります。仮に、「少年ジャンプ+」調査時点で未配信の104巻を追加で購入しても1502円です。

 マンガ配信アプリは他にもコミックシーモア、ブックライブ、めちゃコミック、ゼブラック、LINEマンガ、honto、Renta!、ピッコマなどさまざまありますが、『ONE PIECE』を読むなら「ONE PIECE 公式漫画アプリ」か「少年ジャンプ+」を使うのがおすすめです。

 結論ですが、『ONE PIECE』104巻を最安で読む方法は、「立川まんがぱーく」やその他マンガ図書館の徒歩圏内に住んでいる方は図書館施設内で読む、それ以外ならば「ONE PIECE 公式漫画アプリ」「少年ジャンプ+」で読むのが、最もコスパがいいことがわかりました。

 エンタメとは基本的にお金がかかるものだと思いますが、いろいろコスパを考えながら楽しみたいところですね。

(ニコ・トスカーニ)

【画像】100巻越えのマンガは今や珍しくない!全巻単行本でそろえるとおいくら?(8枚)

画像ギャラリー

1 2