マグミクス | manga * anime * game

なぜ? 人気なのに「未アニメ化」の少年マンガ 過激シーンもなくファンも疑問

なぜ? 長期連載で人気もあったのに、アニメ化されていない人気マンガは意外と多くあります。暴力や性描写などの過激シーンもないのに、これらの作品がアニメ化されないのはなぜなのでしょうか。

「人気作=すぐアニメ化される」わけではない?

10年を越える連載を終えた『BE BLUES!~青になれ~』はなぜか今もアニメ化の情報なし。画像は『BE BLUES!?青になれ?』1巻(小学館)
10年を越える連載を終えた『BE BLUES!~青になれ~』はなぜか今もアニメ化の情報なし。画像は『BE BLUES!?青になれ?』1巻(小学館)

 近年は少年誌作品ながら過激な描写も多い、『ジョジョの奇妙な冒険』や『刃牙』シリーズが連載から時を置いてアニメ化されたほか、さらに『ゴールデンカムイ』や『ヴィンランド・サガ』などの容赦ない描写が多い青年マンガも、続々とアニメ化されています。そんな一方で、そこまで危険なネタや過激描写があるわけでもないのに、アニメ化されていない少年誌の人気作品もいくつか存在します。

●『BE BLUES!~青になれ~』

「週刊少年サンデー」で2011年9号-2022年46号まで連載されていた『BE BLUES!~青になれ~』は、一条龍が小学生時代の大事故などの苦難を乗り越えながら成長していく姿を、小学生時代から高校生までの長いスパンで描いたサッカーマンガです。主人公はFW(フォワード)で舞台は主に高校サッカー、魅力的なヒロインも登場する超正統派のサッカーマンガですが、なぜかいまだにアニメ化のアナウンスすらありません。少年誌のサッカーマンガは多数ありますが、2022年だけでも『ブルーロック』『アオアシ』などがアニメ化されていることを考えると、正直不可解です。

 作者の田中モトユキ先生は、『最強!都立あおい坂高校野球部』も5年近い長期連載になりましたが、こちらもなぜかアニメ化されていません。完結したばかりだからこそ、なるべく早くアニメ化してほしいというファンの声も多いので、今後に期待です。

●『コータローまかりとおる!』

『コータローまかりとおる!』は蛭田達也先生による人気シリーズで、続編の『新・コータローまかりとおる! 柔道編』、「週刊少年マガジン」から「マガジンSPECIAL」への移籍を挟んだ『コータローまかりとおる! L』も合わせると、10年越え(1982年~1994年)の長期連載になりました。シリーズ1作目の『コータローまかりとおる!』だけでも、単行本は59巻を数えます。

 同作は一度実写映画になっていますが、アニメ化はされていません。こちらは一応、暴力描写もお色気描写もありますが、連載当時の時代を考えると特別きわどい描写というわけでもないので、まだアニメ化される可能性は消えていないと思われます。SNSでも、「『うる星やつら』と同じノリで『コータローまかりとおる!』を令和のクオリティでアニメ化して欲しい」などの声もありました。

●『帯をギュッとね!』

『帯をギュッとね!』は「週刊少年サンデー」1989年1・2合併号から、1995年52号まで連載されました。ギャグを交えながら努力と根性と汗のイメージが強い柔道を爽やかに描き、今も人気を博しています。学園モノの要素もあり、何より本作の柔道は「武道」と言うより「スポーツ」と言った方がしっくりくる描かれ方をしていて、安心して見ることができます。

 コンプライアンスに厳しくなった21世紀にも合った内容で、こちらもアニメ化してほしい一作です。「『うしおととら』、『からくりサーカス』や『スプリガン』がアニメ化されたし、『帯をギュッとね!』もアニメ化期待してしまう」と、往年のサンデーファンの期待は高まっています。

●『ACMA:GAME』

「週刊少年マガジン」にて2013年19号から2017年14号まで連載された『ACMA:GAME』は、悪魔の能力を持つ者同士がお互いの大事なモノをかけて「ゲーム」をする、『DEATH NOTE』や『賭ケグルイ』のような頭脳戦系サスペンスです。長期連載作品かつ少年誌らしい正統派な内容ですが、本作もやはりアニメ化されていません。

 恵広史先生は龍門諒先生と組んだ『BLOODY MONDAY』も人気作になりましたが、同作も実写化はあったもののアニメにはなっておらず、こちらももったいない作品と言えます。まだ連載終了から5年、近年の時間をおいてアニメ化されたマンガの例を考えれば可能性はあるでしょう。

待っててよかった!連載から10年以上経ってアニメ化された人気少年マンガ(8枚)

画像ギャラリー

1 2