マグミクス | manga * anime * game

『ドラゴンボール』読者の記憶も薄いダーブラ ザコ扱いに「もっと評価されるべき」の声

『ドラゴンボール』にはたくさんの強いキャラが出てきます。そんな強いキャラたちのなかで、バビディの魔術で操られていたダーブラを覚えていますか? 「暗黒魔界の王」と呼ばれ、悟飯も苦戦した相手なのに「評価低すぎ」とネット上で話題になっています。

「暗黒魔界の王」なのに操られていた!?

ダーブラが登場する『DRAGON BALL Z #38』DVD(集英社)
ダーブラが登場する『DRAGON BALL Z #38』DVD(集英社)

『ドラゴンボール』魔人ブウ編で初登場したダーブラ。魔人ブウを復活させるたに悟空たちからエネルギーを吸いとろうとバビディが用意した、宇宙船での刺客です。明らかに強そうな見た目と「暗黒魔界の王」という肩書を持ち、作中でも「パワーで勝る者など全世界で存在しません」と言い切るほど力の強さに絶対的な自信を持っています。ところが世間ではダーブラはザコキャラ扱いされています。「評価が低すぎでは?」とネット上で話題になりました。

 ダーブラは剣や槍などを瞬時に取り出して使ったり、唾を吐いて当たった相手を石化させたりする能力があります。実際に界王神の側近・キビトを瞬殺し、クリリンやピッコロを石化させ、悟飯戦では優位に立つという、その肩書にふさわしい強さを誇っていました。さらに悟飯の戦いを見て苛立つベジータから悪の心を見抜き、バビディに利用しようと提案までします。このように思慮深さや強かさも持つキャラなのですが、魔人ブウ戦でのやられっぷりから過小評価をされてしまうことになります。

 ダーブラは魔人ブウを初めて見て「頭もパワーもないマヌケ面の生ゴミ」とコケにしましたが、激昂した魔人ブウに目潰しをされ吹き飛ばされてしまいます。バビディの言うことを聞かない魔人ブウがいずれ災いをもたらすと考えたダーブラは、魔人ブウと戦うことに。しかし、魔人ブウの体を槍で突き刺すものの全く効果はなく、一瞬でクッキーに変えられ食べられてしまいました。

 ちなみに死亡後のダーブラを受け入れた天界の閻魔大王は、悟空に対し「すんごいのがここにきたぞ」「いや~~~あやつが死ぬとはな……」と実力を認める発言をしており、ダーブラの強さが天界にまで届いていたことが分かります。ちなみに死後は地獄に送ると喜ばれるという理由で、天国に送られています。

 あまりにもあっけないやられ方によって、読者の記憶からも薄れがちのダーブラですが、「ここまで強くてかつ賢い敵とか他にいない」「魔人ブウが思い通りにならないことを見抜いていたのもすごい」など、ネット上では意外にもダーブラの強さを評価する意見も多数あがっていました。やられ方さえ違えば、強キャラとして記憶に残ったかもしれません。

(マグミクス編集部)

【画像】実は強いのに? 扱いが残念なキャラたち

画像ギャラリー