マグミクス | manga * anime * game

35周年『FF』の意外と知らない「召喚獣」誕生と逸話 プレイヤーを悩ませる「大問題」とは?

かっこいい! けど待ち時間が長すぎるド派手な召喚獣

シリーズを代表する召喚獣「バハムート」。敵全体へ大ダメージを与える「メガフレア」は周囲が焦土と化す大技。画像はピクセルリマスター版(スクウェア・エニックス)
シリーズを代表する召喚獣「バハムート」。敵全体へ大ダメージを与える「メガフレア」は周囲が焦土と化す大技。画像はピクセルリマスター版(スクウェア・エニックス)

「FF」シリーズを30年以上にわたって支えてきた召喚獣のバリエーションは、非常に豊富です。上位種や亜種が多いバハムートをはじめ、その数は100種近くにおよびます。単純な数の多さを見ても、召喚獣は同シリーズにとって欠かせない要素と言えます。

 そんな召喚獣の魅力と言えば、何と言っても見応えのある技演出。この傾向は3DCGをフル活用した『ファイナルファンタジーVII』(以下、FF7)から顕著に表れ、圧倒的な火力で敵キャラをなぎ倒す爽快感をプレイヤーへもたらしました。

 とりわけ今でも話題に挙がるのは、『FF7』で召喚獣デビューを飾った「ナイツオブラウンド」。13人の騎士が次々に敵を斬りつける大技を披露し、相手に与えるダメージも作中ナンバーワン(召喚魔法カテゴリー)。NHKが実施した「ファイナルファンタジー大投票」ボス&召喚獣カテゴリーでも堂々の1位を飾っており、今なお魅力は衰えていません。ただし、そのぶん技演出にかかる時間が約1分30秒とかなり長め。PlayStation版はスキップ機能が実装されておらず、「かっこいいけど待ち時間が長いのは大問題」という不満も見受けられました。

 しかし、「FF」シリーズにはこのナイツオブラウンド以上に技演出が長い召喚獣が存在します。その最たる例こそ、『ファイナルファンタジーIX』に登場した「アーク」です。見た目は召喚獣と言うよりも、プレイヤーが移動に用いる飛空艇そのもの。人型形態への変形が可能で、無数のホーミングミサイルと大口径レーザー砲で無慈悲な制裁を加えます。某機動戦士を彷彿とさせるモードチェンジから攻撃までを含め、総演出時間は驚きの約2分。言うまでもなくド派手な演出も合わせて豪華な召喚獣と言えるでしょう。

 2023年の発売が決定している『ファイナルファンタジーXVI(FF16)』でも、召喚獣は「大国の兵器」という重要なポジションで登場する予定です。全世界が注目する人気シリーズの最新作でどのような波乱を巻き起こすのか。今後の展開に関心が寄せられています。

(龍田優貴)

【画像】強さに惚れぼれ!「FF」シリーズで活躍する召喚獣たち(4枚)

画像ギャラリー

1 2