マグミクス | manga * anime * game

『セーラームーン』ウラヌスの女装コスプレが圧巻の筋肉美! 「実際に戦うならこれくらいの筋肉が必要」

男性コスプレイヤー・AKIHITOさんによる『美少女戦士セーラームーン』ウラヌスの女装コスプレが大きな注目を集めています。鍛え抜かれた筋肉美、体幹の強さを活かしたポージングは美しくしなやか。ウラヌスの女装コスプレのこだわりと制作秘話を聞きました。

なぜウラヌスを女装コスプレ?

『美少女戦士セーラームーン』ウラヌスに扮するAKIHITOさん(Twitter:@AkihitoAll)
『美少女戦士セーラームーン』ウラヌスに扮するAKIHITOさん(Twitter:@AkihitoAll)

 鍛えられた筋肉美を惜しげもなく披露した男性コスプレイヤー・AKIHITOさんによる『美少女戦士セーラームーン』ウラヌスの女装コスプレ写真が Twitterで高評価を得ています。とくに「池袋ハロウィンコスプレフェスタ2022」に参加した際に撮られた写真は、ピンが1.3万いいね、同じマッスル集団による集合が2.4万を獲得。

 2021年にマッチョのフリー素材サイト「マッスルプラス」が話題を集めた、筋肉紳士集団ALLOUT代表/株式会社スマイルアカデミー(SMILE ACADEMY.INC.)COO・AKIHITOさん。筋肉を活かした活動は多岐に渡っており、コスプレもそのひとつに過ぎません。しかしながら、鍛え抜かれた筋肉美、体幹の強さを活かしたポージングは美しくしなやか。ウラヌスの女装コスプレのこだわりと制作秘話を聞きました。

――コスプレを始めたきっかけを教えてください。

 イベントでコスプレイヤーさんと交流し、コスプレの魅力を感じたことがきっかけです。「筋肉紳士集団ALLOUT」というマッチョなチームを運営しておりまして、毎年「ニコニコ超会議」で「マッスルタクシー」(お姫様抱っこで会場内を運ぶ)という企画を行っていました。そこでたくさんのコスプレイヤーさんがご乗車され、皆さん好きなキャラクターを自分なりに表現していて、話していてもキャラや作品愛が伝わってとても楽しそうだなと感じました。

 毎年コスプレイヤーさんと接するうちに、元々アニメやマンガは好きでよく観ていたこともあり、自分も好きなキャラクターのコスプレをやってみたいと思うようになりました。そんななかで、集英社さんの「ジャンプフェスタ 2019」にて、ゲーム『ミストギア』のキャラクター衣装でブースに出演するお仕事依頼を頂きました。そこで一緒に出演させていただのが、あの有名コスプレイヤーのえなこさんでした。

 その時のキャスティングがYouTuberのはじめしゃちょー、えなこさん、僕(筋肉枠で)という恐れ多過ぎる並びになっていました(笑)。えなこさんは本当にキャラクターが3次元に現れたような感じで、たくさんのファンの方と撮影しているのを見て、コスプレは2.5次元的な要素を持ち、多くの人に喜んでもらえるのだなと感じ、僕もコスプレを始めることにしました!

――どんなタイプのキャラクターコスプレをすることが多いですか?

 基本的には好きなキャラクターかつ、肉体・筋肉を活かせるコスプレをしています。「筋肉紳士集団ALLOUT」では自分たちの肉体を媒体として「筋肉の魅力」や「筋トレの必要性」を発信することを目的にしていますが、コスプレを通してボディメイクの必要性を伝えられればいいなと思って活動しています。

――筋肉はコスプレするにあたって大きな役割を果たしていますか?

 多くの男性キャラは筋肉がしっかりついた体をしているので、コスプレの再現度を上げるためには筋トレは必要だと思いますし、女性キャラクターも引き締めたり、ヒップアップしたりするには筋トレすべきだと思います。筋トレやボディメイクは「続けること」が一番難しいと言われますが、コスプレは最高の筋トレモチベーションになると思います。

「推しに少しでも近づけたい」という想いは皆強いですし、体づくりも衣装づくりのひとつと思えば頑張れます。コスプレはイベントや撮影の日程が決められるので、明確にその日まで頑張ろうという目標設定ができます。かつ、コスプレイヤーは年中予定が入るので、年中筋トレも頑張れますね(笑)。

 僕もキャラクターによって、腕と肩が出るから腕と肩のトレーニングを重視したり、お腹が出るなら腹筋強化や減量したりします。ぜひコスプレイヤーの人には筋トレをしてほしいですし、筋トレ続かない人はコスプレを始めてほしいです!

――今回、『美少女戦士セーラームーン』ウラヌスのコスプレをしたのはなぜですか?

 始まりは2019年の「池袋ハロウィンコスプレフェスタ」まで遡ります。「セーラームーン併せをしよう」と筋肉コスプレイヤー仲間からお誘いをいただいきました。『美少女戦士セーラームーン』は幼少期から観ていて好きでした。なかでもウラヌスは幼いながら「なんてカッコイイんだ!」と憧れていましたから、ウラヌスのコスプレをやることになりました。ウラヌスは紳士的でどんな人も魅了してしまったり、謎めいたところからくる色気があったり、性別を超越したかっこよさがありますね。「男とか女とかそんなに大切なコト?」というセリフは印象に残っています。一方で、みちるさんの前では少しチャーミングな一面を見せるギャップも魅力的です。

 筋肉セーラー戦士併せは、うさぎちゃんのみ女性レイヤーさんで、他のセーラー戦士たちは全員男性筋肉レイヤー(ルナもマッチョ)とい屈強な併せになりました(笑)。併せをした皆さんセーラームーンが好きだったので、男性でもこんなにセーラームーン好きがいるんだなと嬉しかったですね。

――『美少女戦士セーラームーン』でお気に入りのエピソードはありますか?

 アニメ1作目を幼い頃に観ていて、最後の戦いでセーラー戦士たちがひとりずつ死んでいって、最後にはムーンまで死んで全滅するという展開に、とてつもない衝撃を受けました! それまで、正義のヒーローやヒロインが全滅するというストーリーは見たことがなかったので、そこからセーラームーンに引き込まれていたのかもしれません。

――「池袋ハロウィンコスプレフェスタ2022」でもウラヌスコスプレが大きな反響を得ました。改めて、どのように受け止めていますか?

 これまで、2019年の池ハロ、コミケ、2022年の池ハロと、セーラーウラヌスのコスプレをしてきましたが、その都度たくさん反響いただきました。なかでも「ウラヌスガチ勢ですがAKIHITOさんのウラヌス最高です!」や「実際に戦うならこれくらいの筋肉必要」などのコメントいただけて嬉しいですね。ウラヌスのコスプレをするといつも海外の方からの反応もかなり多く、セーラームーンがグローバルで愛されている作品なんだなと実感しますね。

――男装と女装どちらのコスプレもしていますが、それぞれどんな工夫をしているのでしょうか?

 女装はこれまでウラヌスのみですが、基本的には女装も体のシルエットを活かせるものをやりたいと思っています。僕は比較的細マッチョな体系なので、引き締まった体の女性キャラですね。女装をよくされるレイヤーさんみたいに「女性らしさ」は出せませんが、女装の際はよりメイクに力を入れています。体もいつも以上に減量してシェイプさせますね。

――今後やってみたい女装キャラクターはありますか?

 力強さ、かっこよさのある女性キャラクターは やってみたいと思っています。格闘ゲーム『ザ・キング・オブ・ファイターズ』レオナ、『HUNTER×HUNTER』ビスケ、『BLACK LAGOON』レヴィなどは好きなキャラクターですのでやってみたいですね!

(乃木章)

【画像】圧巻の筋肉美! AKIHITOさんの「ウラヌス」コスプレを見る(7枚)

画像ギャラリー