マグミクス | manga * anime * game

まさかの「NTR」展開に愕然!『ガンダムSEED』なぜキラは「2度も」寝取った?

2022年にTV放送20周年を迎え、劇場版の制作もささやかれている人気作品『機動戦士ガンダムSEED』に登場するキラ・ヤマト。その代名詞ともいえる視聴者の度肝を抜いた一連の行動と、そうなるに至った同情すら感じる過酷な背景を紹介します。

その行動に、当時の少年少女たちは衝撃を受けた…

色んな意味で最強主人公、キラ・ヤマト 画像は『機動戦士ガンダムSEED HDリマスター Blu-ray BOX』(バンダイビジュアル)
色んな意味で最強主人公、キラ・ヤマト 画像は『機動戦士ガンダムSEED HDリマスター Blu-ray BOX』(バンダイビジュアル)

 2002年10月放送時より20年の時を経て、今もなお多くのファンに愛され続けている『機動戦士ガンダムSEED』。その主人公、キラ・ヤマトは、「友人から恋人を寝取る」という主人公らしからぬ行動を2度も見せ、ファンに衝撃を与えました。

 今回は驚きの「寝取り」エピソードと、ただのクズ男だけでは片づけられない、そこに至るまでの過酷で非情な背景を紹介します。

 キラ・ヤマトの寝取り1回目は、友人サイの恋人であるフレイ・アルスターとのエピソードです。フレイはキラの友人であるサイの婚約者で、戦争で父を亡くしたフレイは復讐のためにキラを利用しようと近づきます。

 そして、望まぬ戦いで精神的にも疲弊していたキラを献身的に支え、戦闘から離脱しようとする彼を、また戦いのなかへ引きずり込みました。キラはそんなフレイの思惑を知らず、彼女を守ろうと誓います。サイの婚約者と知りながらも、元々彼女に憧れを抱いていた事もあり、結果的に寝取ってしまう結果となりました。

「やめてよね。本気で喧嘩したら、サイが僕に敵うはずないだろ」という婚約者を寝取ったうえに、略奪されて仕返ししようとするサイをねじ伏せ、冷たく浴びせられた一言は、視聴者に大きなインパクトを与えました。

 アニメでもドラマでも、いわゆるNTRするキャラは少なくないですが、主役が2回も「いたしてしまう」作品はそう多くはないでしょう。キラの2回目のお相手はラクス・クライン。本作品のメインヒロインで、こちらはキラの幼馴染であるアスラン・ザラの許嫁です。

 キラが漂流している脱出ポッドを保護した際、そのなかにラクスはいました。お互いに同じコーディネーター(遺伝子操作を施された人間)であるという境遇や、持っているペットロボットがアスランの作ったものであるという事をきっかけに話をするようになります。

 ラクスは、自身は敵対するアスラン側の人間であるにも関わらず、人質として利用することなくアスランの元に返してくれたこと、また、戦闘のなかでアスランの父親に自身の父親の命を奪われた際に、寄り添ってくれたキラへ想いを寄せていきます。最終的には「戦争を止める」という信念のもと、盟友のような関係性に落ち着き、キラとは直接的な描写はないものの、お互いに想い合うとても良い関係となりました。

●一見すると「プレイボーイ」だけど・・・?

 フレイとの一件でサイに放った「やめてよね」という一言は、自分にのしかかる責任感と重圧、同胞と戦わなければならないという心理的苦痛で精神が追い詰められていた事がわかる描写となっています。ラクスについても、アスランに対して恋愛感情はなく、親に決められた婚約だという事や、自身の父親をアスランの父親に殺された時点で当然婚約関係は続けられるはずもなく、自然消滅しています。

 事実上、ふたりの友人から恋人を寝取った事になりますが、キラ本人は心が優しく穏やかで、仲間からの信頼も厚い人物です。作品のファンはもちろん、登場キャラクター達からの人気も高い「最強の主人公」と言えるでしょう。

(もっとグッド)

【画像】抜群プロポーション!『ガンダムSEED』の美ヒロインを見る(3枚)

画像ギャラリー