マグミクス | manga * anime * game

『ガンダム』アムロがシャアの「同志」となっていたら…「人類の革新」実現できた?

人気アニメ『機動戦士ガンダム』のなかでも、屈指の人気キャラクターと言えば、主人公のアムロと、ライバルのシャアでしょう。シャアは、宇宙要塞ア・バオア・クーでの最終決戦中に、アムロに「同志になれ」と提案します。もしアムロがその申し出を受けていたら、どうなっていたでしょうか。

数多くの可能性があるif

アムロとシャアが描かれた「機動戦士ガンダムDVD-BOX 1」(バンダイビジュアル)
アムロとシャアが描かれた「機動戦士ガンダムDVD-BOX 1」(バンダイビジュアル)

 シャア・アズナブルは、アニメ『機動戦士ガンダム』のライバルキャラクターであり、アニメ史上でも屈指の人気キャラクターでしょう。

 その理由のひとつは、地球連邦軍の一パイロットである主人公のアムロ・レイに対して、シャアは「敵側勢力であるジオンを建国した一大思想家ジオン・ズム・ダイクンの息子」で「父からジオンを奪い取り、支配しているザビ家を仇とする」正当性を持っています。

 シャアはキャラクターの存在が未来に影響を及ぼす可能性が、アムロよりかなり大きいということです。アムロとシャアは続編『機動戦士Zガンダム』でいったん共闘し、劇場版アニメ『逆襲のシャア』で再び対立して終わります。

 でも、それ以前にふたりの道が交わる可能性がありました。『機動戦士ガンダム』の最終決戦が行われた宇宙要塞ア・バオア・クーで、シャアはアムロと剣を交えつつ、自分の同志に誘います。

 直前に、アムロはシャアの恋人であったララァの機体を撃墜しています。ニュータイプであった3人は、お互いの考えていることをある程度理解していましたから、アムロにとっても、共感したララァを失ったことは、心の痛手でした。

 シャアはそれを理解した上で「なら同志になれ。そうすればララァも喜ぶ」と言います。アムロはシャアの提案を、正気のものとは思わず、拒絶しました。

 シャアにとっては「アムロがララァを殺したことは、ニュータイプが生きていける未来を実現するために、我慢する。そうした世の中にならないように、最強のニュータイプであるアムロに協力してほしい」という申し出だったのでしょう。

 実際『機動戦士Zガンダム』では、スペースノイドとニュータイプが生きていける社会のために、ふたりは共闘していますから、実のところ、そこまで不条理な申し出ではないとも思えます。

 もし、アムロがこの申し出を受けていたら、どうなったでしょう。答えに近いのは、小説版『機動戦士ガンダム』で示されているストーリーラインでしょう。

 小説版では、アムロがシャアと共闘し、サイド3(ジオン公国)にいるギレン・ザビを討つ流れのなかで、アムロのガンダムが撃墜されて、その後でホワイトベースとシャアが協力してザビ家を討つという流れになります。

 この流れはアニメ『機動戦士ガンダム』では、成立しにくいでしょう。ギレンは既に戦死し、ガンダムはもう撃墜されており、シャアもアムロもモビルスーツすらないからです。

 アムロがシャアと共闘する理由は、ニュータイプが生きていける社会の実現でしょうから、ニュータイプへの理解があるホワイトベースのクルーを勧誘し、キシリア・ザビを暗殺した後の混乱を利用し、連邦がシャアを支援するのではないかと思われます(シャアには単独で動かせる軍事力がないので、これが妥当だと考えられます)。

 つまり、ホワイトベースのクルーを中核とし、キャスバル・レム・ダイクン(シャア)と、その妹のセイラを政治利用することで、連邦がコントロールしやすい「ジオン共和国」を作るということです。

 レビルがいない以上、連邦軍のトップはゴップ元帥ですが、ゴップは現実主義者ですから、シャアとセイラを政治利用することに、ためらいはなく、軍主導で物事が進むと思われます。

 ここで、アムロがシャアの側近をできるかと言えば、疑問ではあります。地球連邦にとって、ニュータイプは脅威であり、アムロが「敵側」のジオン共和国に移動することを許容できるとは考えられないからです。結局、アムロは劇中と同じく、幽閉されてしまうと思われます。

 連邦と協力せずにアムロがシャアに同行して、宇宙要塞アクシズに向かった場合も考えられます。この場合でも、シャアはアムロを通じて、セイラを勧誘したでしょう(セイラが従うかは微妙ですが、アムロがシャアに従うなら付いていく可能性はあると思います)。

 そして、親ダイクン派を糾合して、アムロとアクシズを制圧。「ネオ・ジオン」を作って、反地球連邦組織「エゥーゴ」と連携し、連邦に軍事的圧力を加えて、スペースノイドとニュータイプの社会を実現しようとしたのではないでしょうか。

 アムロとシャアが対立するとしたら「アクシズを地球に落とす」ような過激な手段をシャアが取ろうとした場合ですが、ララァの魂がふたりの近くにいて、それを許さなかったようにも思えます。

(安藤昌季)

【画像】「小説版」でアムロが操縦した、意外なモビルスーツを見る(5枚)

画像ギャラリー