マグミクス | manga * anime * game

【漫画】冷めた男子高校生に「雪女」が付きまとう理由とは? ふたりの関係にゾクゾクする!

冷めた性格をクラスメイトたちに隠して生活していた男子高校生・三神真火。しかし、素の性格が雪女にばれて取り憑かれるようになってしまい……。作者の西村啓さんにお話を聞きました。

これぞ、真性の冷え症か!

イルミネーションに誘われる三神真火(西村啓さん提供)
イルミネーションに誘われる三神真火(西村啓さん提供)

 イルミネーションを「たかが電球」と思ってしまうほど冷めた性格の高校生・三神真火。学校では、周りになじめるように素の自分を隠して生活し、ほかの人とそれなりにうまく付き合っていました。しかし、冷めた性格自体は直らず、素がバレてしまった雪女に取り憑かれてしまったようで……。

 西村啓さん(@YutoriRakux2)による創作マンガ『冷たくされるとゾクゾクしちゃう雪女さん』がTwitter上で公開されました。いいね数は2000を超え、読者からは「関係性が尊い」「これぞ真性の冷え症(笑)」「続きが気になる!」などの声があがっています。作者の西村啓さんにお話を聞きました。

ーー西村啓さんがマンガを描き始めたきっかけや漫画家デビューに至った経緯について教えて下さい。

 マンガを描き始めたきっかけは、高校時代に仲の良かった友人に「マンガを描いてほしい」と言われたからでした。友人はうつ病で、自分でも元気付けられることがあるならマンガを描きたいと思い、真剣にマンガの描き方を学ぶため芸大に進学しました。その在学中、芸大のなかで行われた出張編集部で「週刊少年サンデー」の編集の方にお名刺をいただき、「週刊少年サンデーS」にて読み切りでデビューさせていただきました。

ーー『冷たくされるとゾクゾクしちゃう雪女さん』のお話が生まれたきっかけは何ですか?

『まんが日本昔ばなし』の雪女の回を見ていて、自分も雪女で何か描きたいな、と思いました。

真火にとって、イルミネーションは「たかが電球」という認識で?(西村啓さん提供)
真火にとって、イルミネーションは「たかが電球」という認識で?(西村啓さん提供)

ーー真火と雪女の関係性がとても素敵です。この作品を描くうえで特に工夫した点はありますか?

 主人公の真火にすごくこだわりました。担当編集の方にもたくさんアドバイスをいただいて、現実にいそうな冷めている男の子を作ろうと。あと、いままでマンガ作品のキャラクターに作者自身の思想とか悩みは入れこまなかったんですけど、今回初めて投影しました。冷めている自分を晒す勇気がないところとか……。そのままの自分を楽しそうに受け入れてくれる雪女との相性も大切に描きました。

ーーふたりの今後の展開がとても気になります。続編を描かれる予定はあるのでしょうか? また、特に印象的だった読者の声があれば教えて下さい。

 続編は描きたいです。仕事でなのか、Twitterでなのか、わからないですけど、仕事につながらなくても個人的にどこかで描くと思います。読者さんの反応は「尊い」が一番うれしかったです。「これ尊いよねー!?」って思って描いているので! あと、ちらほら真火の冷めている部分に共感してくれる人がいてくれてうれしかったです。

ーー今後、発表される作品については、どのように活動していきたいとお考えでしょうか?

 いま、また新しく「サンデーうぇぶり」さんに載せていただく予定の読み切りを描いてます。いまはそれを頑張って仕上げたいです。その後はまた連載を目指したり、マンガ動画を作ったりしてみたいです。描きたいものが多すぎるので仕事、趣味問わずいろいろやりたいです。

(マグミクス編集部)

【マンガ】雪女が取り憑いた理由に「真性の冷え症(笑)」 ふたりの絶妙な関係は進展するのか? 本編を読む

画像ギャラリー