マグミクス | manga * anime * game

『ワンピース』ボニーにビッグマムの「クローン」説!? 若い頃と見比べたら「似てなくもない」

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する科学者集団「MADS」が「クローンを作っていたのではないか?」という考察が浮上しました。そこで、クローンかもしれない、似ているキャラをご紹介します。

船長・ロックスのクローンもある?

「ONE PIECE ワンピース 19THシーズン ホールケーキアイランド編 piece.3」(エイベックス・ピクチャーズ)
「ONE PIECE ワンピース 19THシーズン ホールケーキアイランド編 piece.3」(エイベックス・ピクチャーズ)

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場する、科学者集団「MADS」は、ベガパンクやヴィンスモーク・ジャッジなど、豪華なメンバーがそろっていました。「MADS」解散後はそれぞれが独自に研究を続け、どこか不完全な実験に成功しています。なかでもジャッジはクローンの制作に力を入れ、大量生産していました。このことから「MADS」でも、クローン制作を行っていた可能性について示唆されています。

※この記事には2023年1月23日に発売された、「週刊少年ジャンプ」2023年8号に掲載された『ONE PIECE』1072話の内容を含みます。

『ONE PIECE』1072話で、CP-0に所属するステューシーがクローンであることが明かされました。ステューシーは元ロックス海賊団のバッキンガム・ステューシーのクローンとされており、「MADS」の研究に関わりがありそうです。読者からは「すでに登場しているミス・バッキンと同一人物なのでは?」という考察が浮上しています。

 また、「ステューシーがクローンならほかにもクローンがいてもおかしくない」と、元ロックス海賊団のメンバーのクローン化を疑う声があがっています。そこで、この記事では、元ロックス海賊団のメンバーと似た雰囲気を持つ『ONE PIECE』の登場キャラを振り返ります。

 まずは、「白ひげの息子」と公言していたウィーブルです。頂上戦争後に王下七武海入りを果たした人物で、戦歴はすばらしいですが、登場シーンが少なめです。ウィーブルは白ひげと少しだけ似た雰囲気をかもし出していることから「白ひげのクローンではないか?」と予想が立てられています。

 ステューシーのモデルとウワサされているミス・バッキンを母と慕い、行動をともにしていることからも「ミス・バッキンがクローンの経過観察をしているのでは?」という声があがっています。しかし、言葉遣いが幼い様子やつぎはぎが目立つ体から「失敗したクローンなのでは?」という意見の読者もいます。

 続いて、大喰らいの異名を持つジュエリー・ボニーです。名称は不明ですが、肉体や物体の年齢を操作できる「悪魔の実」の能力者で、最悪の世代として世間に名が知られています。最終章突入後は麦わらの一味と行動をともにしており、ストーリーのカギを握るのではないか、と期待されていました。

 大食いなところと、若い頃の容姿が似ていることからビッグマムのクローンではないか、という説が推されています。もし、これが真実であれば「将来は大きくなってしまうのか……」「お願いだから、そのままでいて!」などと、ボニーの美貌を守りたい読者が多いようです。

 最後は、赤髪海賊団に所属しているロックスターです。作中では、白ひげへ手紙を送る使者として登場した程度で登場シーンはほとんどありませんが、「第一回世界人気投票」では66位にランクインするほど読者人気の高い人物です。

 ロックスターは、ふたつの理由から「ロックスのクローン説」が浮上しています。ロックスのはっきりとした描写がないため、確実とは言えませんが、ツンツンした髪型や『ONE PIECE』のなかでは比較的小柄な体格が似ています。また、「ロックス」と「ロックスター」のように名前が似ていることからも「可能性は低くないはず」と読者から予想されています。

(マグミクス編集部)

【画像】「ボニークローン説」が真実だったときの弊害がひどい! ボニーとビッグマムを見る(4枚)

画像ギャラリー