マグミクス | manga * anime * game

『サザエさん』タマの声は合成音声? 「憶測」も飛び交う、国民的動物キャラの声優事情

国民的アニメである『クレヨンしんちゃん』『アンパンマン』『サザエさん』。忘れてはならないのが、シロ・チーズ・タマという動物キャラ。その声優事情について、ご紹介します。

「ワン!」だけでも「変わって欲しくない」ベテラン声優の演技力

サザエさん一家とともにタマが描かれたアニメ『サザエさん』ビジュアル (C)長谷川町子美術館
サザエさん一家とともにタマが描かれたアニメ『サザエさん』ビジュアル (C)長谷川町子美術館

 国民的アニメである『クレヨンしんちゃん』『それいけ!アンパンマン』『サザエさん』。この3作のなかで、忘れてはならない存在となっているのが、「シロ」「チーズ」「タマ」の3匹。長年愛され続けているキャラクターたちですが、その声優は一体誰が務めているのか、ご紹介します。

●『クレヨンしんちゃん』 シロの声優は風間くんと一緒!

 まずは、『クレヨンしんちゃん』に登場する、野原一家の愛犬「シロ」。この声優を務めているのは真柴摩利さんという方で、実は、風間くんと同じ声優さんです。

 インタビュー記事によると、アニメ開始時、真柴さんはオーディションで風間くん役として抜擢。シロはアニメ初登場のとき、本番でいきなり「真柴さん、ちょっと鳴いてくれませんか?」と言われて、そのままシロ役に抜擢されたといいます。

 実はシロ役を務める以前、真柴さんは『ドラえもん』で犬や猫、ひみつ道具の声を担当していました。真柴さんの推測ですが、『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』で共通して音響監督をしていた大熊昭さんが、その流れもあってシロ役に選んだのではないかということです。

 真柴さんはシロの魅力について、「絶対にしんちゃんを嫌いにならないところですね。野原家の良心というか(笑)」と語っています。考えてみれば、シロは動物でありながら人間らしい表現も多いキャラクター。基本的に「ワンワン」しか言わないのにも関わらず、ここまで掛け合いが面白くなっているのは、声優さんの力があってこそです。

●『それいけ!アンパンマン』めいけんチーズの声優は?

「めいけんチーズ」の声を務めるのは、七色の声を持つ声優・山寺宏一さん。タレントとしてTV出演した際も、たびたびチーズの鳴き声を披露していることから、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

 なお、山寺さんは『アンパンマン』で「めいけんチーズ」「カバお」「かまめしどん」のほか、増岡弘さんから引き継いだ「ジャムおじさん」、上田敏也さんから引き継いだ「ねむねむおじさん」など、すさまじい数のキャラクターを演じています。

 そんな山寺さんですが、もともとはばいきんまん役のオーディションを受けて不合格となり、チーズ役を担当することになったという経緯があるのです。ラジオで20代だった当時を振り返った山寺さんは、「新人に毛が生えたような時で」「まだ、鰻屋さんのバイトを辞めていなかったかもしれませんね」と状況を語っています。

 しかしそこから、持ち前の演技力で人気者に。カバおも当初はエキストラのような立ち位置でしたが、演技によって存在感が増し、メインキャラクターに昇格を果たしました。独特な「おぼっちゃま風のしゃべり方」も、山寺さんのアイデアによるものだといいます。

 チーズの声は、視聴者からするともはや当たり前になっていますが、「アンアン!」しか言わない役で「変わってほしくない」と思う魅力を感じさせるのは、山寺さんの素晴らしい演技力があってこそでしょう。

【画像】可愛すぎ! 国民的アニメの動物キャラ(3枚)

画像ギャラリー

1 2