マグミクス | manga * anime * game

ちゃっかり活躍するジャンプのダメおっさんキャラ 強さは重要じゃない?

強運やカリスマ性など、実力は持たないものの重要ポジションを確立していた、ジャンプのおっさんキャラは少なくありません。『ドラゴンボール』のミスター・サタンのように、大出世したり、最終決戦で活躍をしたり、メインキャラを励ましたりと、意外なところでいい仕事をしたおっさんキャラに注目しました。

やるときはやるのが魅力!

際立った強運とカリスマ性が実力不足をカバーしている「フィギュアーツZERO バギー」(BANDAI SPIRITS)
際立った強運とカリスマ性が実力不足をカバーしている「フィギュアーツZERO バギー」(BANDAI SPIRITS)

「週刊少年ジャンプ」のバトルマンガには、とんでもない強者がひしめき合っていますが、なかには、実力はかなり劣るにも関わらず、しれっと重要な役回りになっている「おっさん」キャラもいます。

 たとえば、『ドラゴンボール』の名物キャラ、ミスター・サタンは悟空たちに比べると戦闘力はないに等しいおっさんキャラ(一応、天下一武道会の優勝記録保持者)ではありますが、間接的にセルや魔人ブウを倒すきっかけを与えた重要なポジションを獲得しています。

 そんなおっさんキャラは、作中のシリアスなシーンで和ませてくれたり、意外なポイントで主人公を助けたり、なぜか大出世したりと、読者からも人気です。

●実力をカバーするカリスマ性と強運で大活躍?『ONE PIECE』バギー

 強い海賊たちが数多く登場する『ONE PIECE』において、「バラバラの実」の能力者であるバギーは、実力はないものの「四皇入り」という大出世を果たして話題になりました。

 バギーは、ルフィが自分以外で初めて遭遇した悪魔の実の能力者で、物語初期から登場しているキャラクターです。体の分離と接合が自由自在な「バラバラの実」の能力は、斬撃を繰り出す相手にはめっぽう強いものの、打撃や自然系による攻撃は苦手で、本人もかつてシャンクスに「弱点はいっぱいあんだよ!!」と叫んでいました。

 それでもバギーが四皇にまでなれたのは、カリスマ性や運が大きく影響しているからです。インペルダウン脱獄時には、幸運が重なって囚人たちからの人望を獲得したほか、「王下七武海」に名を連ねて「海賊派遣組織(バギーズデリバリー)総帥」となるなど、バギーは戦闘能力以外の部分によって名を上げていきました。また、かつて一応は海賊王のクルーだったことも、彼の出世を後押ししています。ネタバレは避けますが、四皇入りを果たしたのも、バギーの異常な悪運の強さが関係していました。

 もともと派手な物事を好み、すぐに調子に乗るために何度も痛い目を見てきたバギーですが、部下との再会に涙を流したりと、人情味のある性格はどこか憎めません。本人が望まなくとも出世してしまう愛されキャラ・バギーは、最終章でも意外な活躍を見せてくれるはずです。

●損な役回りも多いけど、実は活躍していた!『銀魂』マダオ

『銀魂』随一のダメなおっさんキャラといえば、「まるでダメなオッさん」(通称:マダオ)でおなじみの長谷川泰三です。

 初登場時は「入国管理局局長」として外交に携わっていた、幕府のエリートでした。そんなマダオは天人(異星人)の要人・ハタ皇子を殴る不祥事を起こし、責任を取る形で上層部から切腹を迫られるも怖気付いて逃亡、さらに妻のハツにも逃げられて、あらゆる職を転々とする転落人生を歩み始めます。

 作中では幾度となくダメキャラ扱いされ、再就職も銀時たちに邪魔され、ズタボロにされることも珍しくありませんでした。しかし、「人気投票篇」では推理力を発揮して誰よりも早く黒幕の正体を暴いたり、最終章ではなんやかんやで地球に住む多くの人を助けたりと、隠れた実力を発揮する瞬間もあり、そこそこ有能です。

 痴漢に間違われたり、運転していた霊柩車を松平片栗虎に爆破されたりと、とにかくついていないマダオでしたが、結局は最後まで生きのこり活躍を見せています。「マダオ回はハズれない」と、グラサンとともにファンから愛され続けました。

【画像】おっさんたちタジタジの最強美魔女おばさんキャラ(6枚)

画像ギャラリー

1 2