マグミクス | manga * anime * game

マンガを読んで「国境」を飛び越えろ! 「MANGA ART HOTEL, TOKYO」代表が熱く語る理由とは

マンガを通して「多様性を楽しもう」

 2018年9月ごろから4か月間、秋葉原のマンガ喫茶で毎日30~50冊のマンガを日々読みふける日々を送った御子柴さん。マンガ喫茶に置いていない作品も知るため、インターネットで調べつくしました。奮闘の結果、約600タイトル・5000冊を選びました。マンガを通して「相互不理解の解消」を実現すべく、各マンガにコメントカードを付けることに。その思いを必死に文字にしました。

「『読む』という行動をうながすには、ストーリーの内容を客観的に書いたりするだけではダメだと思い、読み手の感情に訴えかける、感情を揺さぶることを念頭に置きました」

約600作品に添えられたコメントカード。日本語と英語の2パターンで書かれている(マグミクス編集部撮影)
約600作品に添えられたコメントカード。日本語と英語の2パターンで書かれている(マグミクス編集部撮影)

 マンガを人々の「共通言語」に据えたホテル、それが「MANGA ART HOTEL, TOKYO」。

 フロアに置かれたマンガの主人公は先述のとおりマイノリティーなどで、そのような目線から描いた作品が多くなっています。御子柴さんは開業を振り返って、最後にこう訴えます。

「LGBTをはじめとして、現在、マイノリティーに関するさまざまな事柄があります。僕はマンガを通して、彼らのような人たちに対して、『寛容になろう』『リベラルになろう』と言いたいです。『多様性を認めよう』という偉そうな言い方でなく、一緒に『多様性を楽しもうよ』と」

 相互に不理解を解消し、相互に寛容になることで、多様性を楽しもう――。それが御子柴さんの言いたいこと。

 御子柴さんは共同代表という立場ですが、「MANGA ART HOTEL, TOKYO」に当面の間、常駐し、利用者との「共通言語」を模索し続けていきます。

(マグミクス編集部)

1 2 3 4