マグミクス | manga * anime * game

『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』声優陣の「凄さ」が聴けそうなシーン3選 鳥肌が立つのは確実!

『鬼滅の刃』声優陣の演技の数々は、視聴者全員を常に圧倒してきました。花江夏樹さん演じる炭治郎の、魂を燃やすような声。柱たちの決意がにじむ声。悪役である鬼たちの、不気味さが光る声。「刀鍛冶の里編」でも、そんな声優陣の鳥肌必至なシーンが多数あるに違いありません。注目したいシーンをまとめました。

「刀鍛冶の里編」見逃し&聴き逃し厳禁なシーン

2023年2月3日公開『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
2023年2月3日公開『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 アニメにおいて、キャラクターの魅力を最大限に引き出す声優陣の存在が欠かせません。『鬼滅の刃』もまた、花江夏樹さんをはじめとした声優陣が、死闘に臨む炭治郎たちに命を吹き込んでくれます。彼らの魂の叫びも、敵である鬼たちの不気味さ漂う声も、常に視聴者を魅了してきました。ついに1話が上映された「刀鍛冶の里編」において、そんな声優陣の本気を感じられるであろう、4月以降に放送される予定のシーンを3種類ピックアップしました。

※この記事では「刀鍛冶の里編」2話以降のエピソードについての記載を含みます。

(1)人間であり鬼でもある不死川玄弥(CV:岡本信彦)の戦闘シーン

「刀鍛冶の里編」にて、炭治郎の同期である我妻善逸、嘴平伊之助はほとんど登場しません。その代わり、彼と同期である鬼殺隊士・不死川玄弥(CV:岡本信彦)が物語にからみます。彼は並み居る鬼殺隊士のなかでも、特に珍しい異能の持ち主です。鬼の骨肉を喰うことで、一時的に怪力や不死など、鬼と同じ能力を発現させることができます。

 鬼と人間の間の存在といえば、炭治郎の妹・禰豆子を思い浮かべます。しかし作中において、任意に鬼の力を使う能力者は、玄弥ただひとりです。

 アニメ第1期の「竈門炭治郎 立志編」では、岡本信彦さん演じる玄弥が少しだけ登場しました。本格参戦となる今作では、以前登場したときのように苛立った様子のほか、激しい戦闘、心の内の葛藤が描かれます。彼がどんな「声」で活躍するのかがとても楽しみです。

(2)次々と増える鬼。半天狗の演じ分けはどうなる?

 炭治郎の前に立ちはだかる強敵・上弦の鬼たち。今作も新たな鬼が2名登場しますが、なかでも「声」で注目したいのが上弦の肆・半天狗です。見た目は弱々しい老人の半天狗ですが、戦闘では若者の姿になり、かつ複数人に分裂するという能力を発揮します。

 老人と若者は、演じる声優は違うのでしょうか。しかも、若者の姿で分裂した後は、それぞれがまったく違う個性を発揮します。演じ分けが非常に難しそうな分、余計に期待が高まってしまいます。

(3)覚醒前・覚醒後の霞柱・時透無一郎(CV:河西健吾)

 鬼殺隊でも特に若い天才剣士、霞柱・時透無一郎(CV:河西健吾)はとにかく無表情が特徴的な存在です。周りにまったく興味のない彼は、「無限列車編」で炎柱・煉獄杏寿郎が命を落としたという報告を聞いても、表情ひとつ変えませんでした。

 そんな彼は、「刀鍛冶の里編」で自分のトラウマと向き合い、それを克服し覚醒します。そこからの彼は、今までとは一変して表情豊かになるわけですが、それがどんな形で表現されるのかがとても気になります。覚醒後、小悪魔的な笑みで上弦の伍・玉壺をディスりまくる彼を、早く観たい……!

「刀鍛冶の里編」はこれ以外にも、敵味方を問わずに各キャラクターの見どころをいくらでも思い浮かべることができます。彼らを演じる声優陣の本気に、ワクワクが止まりません!

※禰豆子の「禰」は「ネ」+「爾」が正しい表記
※煉獄の「煉」は「火+東」が正しい表記

(サトートモロー)

1 2