マグミクス | manga * anime * game

『鬼滅の刃』堕姫と妓夫太郎は本当に「弱くてダメな鬼」だった? 兄妹最大の弱点とは

2023年2月3日から、公開中の映画『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』は、公開3日間で観客動員81万3422人、興行収入11億5876万5410円を記録。「遊郭編」で天元、炭治郎、伊之助、善逸らが上弦の陸を倒したことによって、物語は大きく動きます。上弦の陸のふたりは、本当に弱くてダメな鬼だったのでしょうか?

堕姫は、最高に美しく、狂暴で「弱い鬼」?

上弦の陸・妓夫太郎と堕姫が描かれたTVアニメ『鬼滅の刃』遊郭編Blu-ray&DVD第5巻 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
上弦の陸・妓夫太郎と堕姫が描かれたTVアニメ『鬼滅の刃』遊郭編Blu-ray&DVD第5巻 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 2023年2月3日から公開がスタートした映画『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』は、すべり出しも上々。公開3日間で観客動員81万3422人、興行収入11億5876万5410円を記録しました。

 この映画は、TVアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』の第10話と第11話、そして2023年4月から放送されるTVアニメ『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』の第1話で構成されたものです。そのため、「すでにTVで見たものなのに……」「これからTVで放送するものなのに……」という声もありました。

 しかし、実際に映画館の大きなスクリーンで観るド派手な「遊郭編」は、街全体が燃える、戦いのスケール感を改めて知り、音柱・宇髄天元様の華麗な攻撃は派手派手で心躍るし、「刀鍛冶の里編」冒頭では、無限城に魂ごと吸い込まれそうで……。筆者としては「映画にしてくれて、ありがとう」という感謝の気持ちが自然と湧きあがりました。

「遊郭編」で天元、炭治郎、伊之助、善逸らが上弦の陸を倒したことによって、物語は大きく動きます。上弦の鬼と言えば、「無限列車編」で炎柱・煉獄杏寿郎を倒した猗窩座は上弦の参で、圧巻の攻撃力でした。

「遊郭編」で登場した上弦の陸・妓夫太郎と堕姫の兄妹は、上弦の鬼のなかでは最も低い位の「陸」。無惨は、堕姫の美しさは気に入っていたようで、わざわざ訪ねて「期待している」「特別な鬼」と甘い言葉をささやきながらも、倒された後には手のひらを返すような発言もします。この記事では、上弦の陸のふたりは、本当に弱くてダメな鬼だったのかを考えてみます。

●なぜ、堕姫は弱く見えてしまうのか 頸を斬られた回数は弱さの証?

「無限列車編」では、煉獄さんの訃報を聞いた天元が、「上弦の鬼には煉獄でさえ負けるのか」とつぶやいていました。現役の柱たちは、誰も上弦の鬼と戦ったことはなく、その強さは未知のものだったのです……。堕姫と妓夫太郎の場合も、何柱と、どのように戦ったかという詳細は分かりませんが、堕姫が7人、妓夫太郎が15人の柱を殺しているほど。ふたりの頸を同時に斬らなければ倒せないという特殊な事情もあり、柱であってもひとりで彼らを倒すのは無理だと考えられます。

 しかし、上弦の陸が弱いと見られてしまうひとつ目の理由として、妹の堕姫が天元にあっけなく頸を斬られたことが挙げられるでしょう。もちろん、堕姫は善逸を一撃で気絶させるほどの腕力もあれば、伊之助の追跡をかわすほどの素早さもあります。そして、炭治郎は、水の呼吸の技では堕姫には太刀打ちできませんでした。

 しかし、禰豆子の血鬼術・爆血で燃やされて大きなダメージをくらっていたとはいえ、堕姫本人が気付かないくらいサクッと頸を斬られるというのは、天元の言葉を借りれば「弱すぎなんだよ」と見られても仕方ないかもしれません……。

 しかも、その後もう一度、天元に頸を斬られていますし、伊之助にも斬られ、頸を抱えて逃げられるという恥ずかしい目にも合っています。そして、最後は善逸と伊之助に斬られて、計4度も頸を斬られているのですから、「弱い」と言われるのは、やはり仕方なさそうです。

 そして、堕姫が弱そうに見える一番の原因は、「子供っぽさ」ではないでしょうか。最初に天元に頸を斬られた時には、「ほんとにアタシは上弦の陸だもん」「お兄ちゃああん」とギャン泣きしていますし、「みんなで邪魔してアタシをいじめたの!!」と、自分勝手なチクりもします。花魁として過ごしている時にも、わがままで傲慢。年端も行かない禿(かむろ)をいじめて泣かしていました。そんな幼い子供のように、感情をコントロールできないところも、彼女が「弱く」見えてしまうところです。

【画像】劇場スクリーンで観るとまた違う! ど迫力の鬼滅キャラ(5枚)

画像ギャラリー

1 2 3