マグミクス | manga * anime * game

転売価格も大幅暴落…入手難続いた「PS5」の今

2023年に訪れたPS5の反撃

「DualSense」がもたらすハプティックフィードバックやアダプティブトリガーなどの体験も、PS5の普及により広がっていく
「DualSense」がもたらすハプティックフィードバックやアダプティブトリガーなどの体験も、PS5の普及により広がっていく

●2022年に改善の兆しを見せる

 需要に応えるほどの供給が訪れないまま、2年間が過ぎてしまったPS5。ですが、2022年から事態が変わる兆しが見え始めました。買いづらい状況が続き、供給元に対する不満が募っていた頃、SIEの関係者から改善を示唆するコメントが出始めます。

 SIEのCEOを務めるジム・ライアン氏は、「PS Partner Awards 2022」にて「長期的な供給の問題を解決」と発表し、年末から2023年に向けてPS5の販売状況が好転すると述べました。そして、同社に務める西野秀明氏も、ファミ通.comのインタビューにて、「2023年に入るとさらに状況は大幅に改善する見込み」と語ります。

 また、こちらはスクウェア・エニックスで『ファイナルファンタジーXIV』などを手がける吉田直樹氏が、同作の「プロデューサーレターLIVE」のなかで、日本に向けたPS5の供給が好転すると発言。年明け以降から、明るい見通しになると示唆しました。

 こうしたコメントに期待を寄せる人も多かったものの、2年以上も続いた入手難に警戒を続けるゲームファンもおり、状況の改善を訝しむ人もゼロとはいきません。ですが、2022年末から翌1月にかけ、事態が少しずつ変化していきます。

●2023年に好転し始めたPS5

 TwitterをはじめとするSNSでは、PS5が買えた・買えなかったといった報告が日常的に続いていました。ですが、年明け前後から、購入報告が目立つようになり、関係者の言及が実現している予兆が漂い始めます。

 年始のセールに合わせて集中して台数を用意しただけでは、といった懸念の声もありましたが、その後の抽選販売でも購入報告は相次ぎ、1月30日にはPlayStation公式Twitterが「PS5の供給量増加」を報告し、新たなCM映像を公開。また、PlayStation.Blogでも、「世界中のPlayStation取扱店で、より簡単にPS5をお求めいただけるようになりました」と明言されました。

●2年間の抽選販売にピリオド、各店舗が通常販売を開始

 SNSでの反応や公式の発言があったものの、その勢いは各店舗にまで届いているのか。PS5が今現在、どのような販売状況にあるのか、実際に調べてみました。「GEO」や「TSUTAYA」といったPS5取扱店は、それまで続けていたPS5の抽選販売を取りやめ、2月1日から店頭での販売に切り替えると発表。抽選に申し込む手間は不要となり、在庫があれば誰でもその場で購入できるようになりました。

 こうした動きはオンラインサイトにも見られ、「ノジマオンライン」も2月1日よりPS5の通常販売を開始。そして、「ビックカメラ.com」や「ヨドバシ.com」、「TSUTAYA」、「ジョーシン Wwebショップ」など、さまざまなオンラインサイトでも通常販売が始まっています。

 在庫の状況により品切れしている場合もありますが、多くの店舗で抽選が不要となり、丁寧に探せば在庫のある店舗を見つける確率が高い状況になっています。今後の推移でまた状況が変化する可能性はありますが、2月中旬時点においては、購入難が続いた2年間とは比べるまでもないほど、状況が一変しています。

 実際の店舗の状況を確かめるべく、「GEO」と「古本市場」の店舗にそれぞれ足を運んだところ、どちらも通常販売を実施していました。タイミングが悪く、「古本市場」のPS5は売り切れでしたが、「GEO」では在庫があり、そのまま購入できる状況でした。

 在庫の有無は店舗によってばらつきがあるので、「あそこにいけば確実に買える」とはまだ言えませんが、PS5購入のハードルが大きく下がってきたのは間違いありません。

* * *

「amazon」ではまだ、抽選形式の「招待販売」を行っていますが、中古品の出品を見ると6万円台が多く並んでいます。かつてのPS5は、中古価格でも8万円台や9万円台、一時期は10万円の大台に乗るケースもありましたが、こちらの状況も変化の波が訪れている模様です。

「駿河屋」のオンラインストアだと、品番によっては5万円台で販売されている中古品も。また、「メルカリ」などのフリマアプリ上でも6万円台の出品が中心となり、5万円台もちらほら見かけます。

 複数の問題が絡む供給不足、入手難による購入意欲の減退、転売の横行など、いくつもの逆風に晒された時間が続きましたが、長いトンネルは2023年にようやく終わろうとしています。ここからPS5がどのような一気呵成を見せるのか、ひとりのファンとして期待するばかりです。

(臥待)

【画像】PS5を買ったら遊びたい名作たち(6枚)

画像ギャラリー

1 2