マグミクス | manga * anime * game

【漫画】インコを飼いたい娘 「自分のことができるようになったらね」と断ると?

「インコを飼いたい」と言い出した娘。「今、自分のことがちゃんとできていないのにペットのお世話なんて無理」と母親は反対したのですが、それから約10か月間、娘は頑張りを見せて……。Instagramで公開されたマンガが、「素晴らしい!」「成長ですね」と話題になっています。作者のうみさんにお話を聞きました。

娘の頑張りに母が感服

マンガ「命の責任と重みと温もり」のカット(うみさん提供)
マンガ「命の責任と重みと温もり」のカット(うみさん提供)

 娘がインコを飼うまでのエピソードを描いたマンガ「命の責任と重みと温もり」が、Instagramで300以上のいいねを集め話題となっています。「インコを飼いたい」と言い出した9歳の娘。「自分のことがちゃんとできていないのに無理」と母親は反対したのですが、そこから約10か月間、娘は頑張りを見せて……という内容で、「娘さんの努力が素晴らしい」「成長を感じる」「欲しいだけじゃ飼えないからね……」などの声があがっています。

 このマンガを描いたのは日常の出来事や体験談をマンガにしてInstagramで発表している、イラストレーターのうみさんです。うみさんに、作品についてのお話を聞きました。

ーー今回のマンガを描いたきっかけを教えて下さい。

 長女の頑張りと、わが家のニューフェースを紹介したくて描きました。

ーー娘さんがインコを飼いたくなったきっかけはあったのでしょうか?

 クラスのお友達が鳥を飼い始めて、その子から毎日鳥のかわいさを聞いているうちに自分も飼いたくなったようです。

ーー初めにインコを飼いたいと言ってから、どれくらいで飼うことができたのでしょうか?

 娘が飼いたいと言い始めてから10か月くらいでお迎えしました。最初はお友達に影響されているだけだから、そのうち気が変わるだろうと思っていましたが、意外とまじめに、そして計画的に飼うためのプロセスを踏んでいったので、わが子ながら感心しました。

ーーその後、お子さんはインコをかわいがっていますか?

 もうデレデレの甘々です。とても人懐っこいインコなので、鳥かごから出ているときは常に誰かの肩の上にいて、子供だけでなく家族全員がインコのとりこになりました(笑)。

ーーインコを飼ってみて、お子さんやご家族に心境の変化はありましたか?

 長女は自分で飼いたいと言っただけあって、基本的にはとてもかわいがっています。ただそれだけじゃなく、自分が疲れているときもインコのお世話を優先しないといけないのは大変なんだと、少しずつ責任感が芽生えているようです。

ーー作品について、どのような意見が寄せられていますか?

「この年齢でちゃんとプレゼンするの偉い!」「自分で夢をかなえる努力をしたのがすごい」「甘やかさずに厳しいことを言った母も偉い」など、たくさん褒めていただきました。

(マグミクス編集部)

【マンガ】小3の娘の頑張りがすごい! インコを飼いたい娘が取った行動とは? 本編を読む

画像ギャラリー