マグミクス | manga * anime * game

【グルメマンガのすすめ】あ~それ絶対おいしいやつ! 「簡単レシピ系」マンガ3選

5月に入り、新しい生活にも少しずつ慣れてくるこの時期。1人暮らしを始めた人で「自炊してみようかな」と思っている人は、素朴で簡単なレシピを紹介したグルメマンガを活用してみては?

初心者を置いてきぼりにしない、「簡単お手軽レシピ」が魅力

『花のズボラ飯』(秋田書店)
『花のズボラ飯』(秋田書店)

 5月に入り、新しい生活にも少しずつ慣れてくるこの時期。1人暮らしを始めた人で「自炊してみようかな」と思っている人は多いのではないでしょうか? でも、いきなりレシピ本を購入しても続けられるか分からないし、最初は気軽に始めたいところ。

 そんな時、ネット上の無料レシピを参考にするのもいいですが、グルメマンガを活用してみるのはいかがでしょう? グルメマンガには、本格的なプロの料理を見せるものばかりではなく、料理初心者を主人公にした、素朴で簡単なレシピを紹介したものも数多くあります。

 例えば、『広告会社、男子寮のおかずくん』(オトクニ/リブレ)は、広告代理店に勤め、その男子寮に住んでいる4人・西尾和、東良啓介、北一平、南郷正の料理&ご飯の時間を描いた作品。それぞれ「おかず」「汁もの」「ご飯」「はし休めorデザート」と担当を決め、作って持ち寄りわいわい食べる様子には、誰かと一緒にご飯を食べるという温かさも感じられます。

 そんななか作られるご飯は、スーパーやコンビニで気軽に買える食材を使ったものが多く、料理初心者でも真似しやすいものばかり。すきやきのたれで作る「甘辛肉じゃが」や「カレー鍋」、油揚げとコーンを使って作る「コンコンコロッケ」など、知っておくと1人暮らしがぐっと豊かになるメニューが豊富に紹介されています。もちろん分量や工程の詳細も漫画の中で解説されているので、主人公たちに教えてもらっているような感覚でレシピを知ることができます。

 もっとお手軽な料理がいい!という人には、『花のズボラ飯』(久住昌之、水沢悦子/秋田書店)がオススメ。主人公は、夫が単身赴任中で1人の生活を送っている駒沢花。花は、夫“ゴロさん”がいないと何もする気になれず、日々ズボラ飯を開発しては自画自賛しています。が、そのズボラ飯がとても美味しそうなのです。

 例えば、鮭フレークとマヨネーズを混ぜて食パンに塗り、トーストしただけのもの。ご飯のおかずだと思われがちな鮭フレークですが、実はパンとの相性もばっちり。家にある食材の可能性を、最小限の手間で最大限活かしていきます。

 そして花は、プラスアルファでありふれた料理を輝かせる天才でもあります。卵かけご飯にしば漬けを組み合わせたり、レトルトのシチューに生パセリを加えたり、キムチチャーハンにそばつゆを加えたり……。ほんのちょっとのことなのですが、「あーそれ絶対おいしいやつ!」というものを的確にプラスしていきます。

 でも、どこまでいってもズボラ飯。そんな花を見ていると、「あ、この材料ならうちにもあったかも!」「私もちょっとチャレンジしてみようかな」と、冷蔵庫を漁ってみたくなってきます。

【画像】実写ドラマに映画化も…レシピ系マンガ『広告会社、男子寮のおかずくん』を見る(11枚)

画像ギャラリー

1 2