マグミクス | manga * anime * game

『鬼滅の刃』無一郎のキツ過ぎる言葉 「意識的な毒舌」への変化も見どころ?

TVアニメ『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』で活躍する霞柱・時透無一郎は、鬼殺隊屈指の天才剣士ではありますが、いろいろ問題も抱えており、心にグサグサくる「配慮に欠けた」発言もそのひとつでした。「刀鍛冶の里編」でさっそく聞けそうな、無一郎の「配慮に欠けた言葉」を先取りで紹介します。

心をズタズタにする悪気のない「配慮に欠けた」言葉

 霞柱・時透無一郎が描かれたTVアニメ『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』ティザービジュアル (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
霞柱・時透無一郎が描かれたTVアニメ『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』ティザービジュアル (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 TVアニメ『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』は、2023年4月9日(日)から、全国フジテレビ系列で放送開始となります。「刀鍛冶の里編」で活躍する霞柱・時透無一郎は、「鬼滅の刃 第1回キャラクター人気投票 ランキング」(週刊少年ジャンプ2017年47号)では第29位でしたが、刀鍛冶の里編」を経て、完結後に発表された「第2回人気投票」(週刊少年ジャンプ2020年47号)では第3位へと大躍進しました。

 アニメで『鬼滅』を追う人にとっては、「刀鍛冶の里編」以降、彼がどんな活躍を見せ、読者の心を魅了していったのか、気になるところでしょう。

 これまでのアニメでの無一郎の登場シーンは、まだごくわずかです。「柱合会議」のエピソードでは、「まだ少年なのに柱」「ぼんやりしている」「記憶に問題があり!?」「お館様をリスペクトしている」「小石も凶器になるただ者じゃない感」など、いろんなことを感じさせるものの、とらえどころのない「不思議系キャラクター」でした。その後、「遊郭編」で音柱・宇髄天元の口から、無一郎が「刀を握ってわずか2か月で柱になった」ことが明かされています。

 ただ、公開中の映画『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』に含まれる「刀鍛冶の里編」の第1話では、無一郎の登場は最後の1分ほどでした。天才剣士の片鱗が見られるところまで、あと一歩というところなので、TVアニメの放送が待ち遠しいところです。

「刀鍛冶の里編」のTVアニメ放送でさっそく見られそうな無一郎の一面は、心にグサグサくる「配慮に欠けた言葉」でしょう。炭治郎いわく「おおむね正しい」「間違ってないんだろう」という内容ですが、どれも「残酷」な言葉です。ただ、無一郎に悪気があるようには見えません。しかし、悪気なく淡々と言っているからこそ、より残酷に感じる「最凶の言葉」なのです。

*この先、上映中の映画『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』及び、TVアニメ「刀鍛冶の里編」のネタバレを含みます。映画未鑑賞、原作マンガ未読の方はお気を付けください。

●なぜ、その言葉を選ぶ!? 心にグサグサくる「配慮に欠けた言葉」

「刀鍛冶の里編」での無一郎の初登場は、刀鍛冶の里の少年・小鉄と揉めているシーンです。大切な「ある物」の鍵をけっして渡すまいと抵抗する小鉄に、無一郎は容赦なく、心にグサグサくる言葉を浴びせかけます。たしかに正しいし、悪意もないようですが、「なぜ、あえて、その言葉を使う!?」と、「本当はイヤミなのか」と勘繰ってしまうような、絶妙の言葉選びなのです。

 たとえば、「ある物」が壊れることを恐れて鍵を渡さないと言う小鉄に、無一郎は「君がそうやって くだらないことをぐだぐだぐだぐだ言ってる間に、何人死ぬと思っているわけ?」と言います。このセリフでの「配慮に欠けた言葉」のポイントは、「ぐだぐだぐだぐだ」という部分だと言えるでしょう。

 細かいポイントですが、「ぐだぐだ」は「同じことを何度も繰り返したり、つまらないことを長々としつこくしゃべったりするさま(出典:小学館「デジタル大辞泉」)」を意味するオノマトペで、「ダラダラ」「クドクド」などと同じ意味です。ただ、「ぐだぐだ」には、「怠惰」や「役に立たない」感じをより濃く受け(筆者の個人的感想です)、しかもそれが「ぐだぐだぐだぐだ」とダブルになっていることで、無一郎がいかに本気で小鉄に対して「つまらないことを言っている」と感じているかが、より明らかになっています。

 小鉄にとっても「取るに足りないつまらないやつだ」と言われているような雰囲気がマシマシになり、より深く傷ついているのではないかと思われるのです。こういう言葉の選び方ひとつ取っても、無一郎の「心にぽっかり空いた穴の大きさ、深さ」も感じさせます。

 その他、「刀鍛冶は戦えない 人の命を救えない 武器を作るしか能がないから」という酷いセリフも飛び出しました。こちらも、「武器を作ることしかできないから」でも十分に意味は通じます。悪気はなくとも、「能がない」という言葉を選んでしまうのが無一郎なのでしょう。ちなみに、禰豆子のことも「すごく変な生き物」と平然と言ってのけており、同じく「刀鍛冶の里編」で活躍する恋柱・甘露寺蜜璃との差を感じさせます。

【画像】かわいすぎ!座って何かを考える、「ちっちゃい無一郎」(5枚)

画像ギャラリー

1 2