マグミクス | manga * anime * game

ヒロインなのに「倫理観がぶっ飛んだ」ゲームキャラたち 主人公の命が危ない!

まさかの近親相姦?

剣士に未来人も? ヒロイン属性が特殊なニンテンドーDS『パワプロクンポケット13』(KONAMI)
剣士に未来人も? ヒロイン属性が特殊なニンテンドーDS『パワプロクンポケット13』(KONAMI)

『パワポケ2』に登場する野々村愛も、一癖あるヒロインでした。気立てがよく料理上手という設定なので、素敵な恋人候補に見えるかもしれません。しかし、『パワポケ11』にて意外な秘密が明かされます。

『パワポケ11』は、『パワポケ2』から10年以上が経った世界線。愛はヒロイン候補ではなく、約20歳年上の夫がいる既婚者となっていました。ですが作中では、昔なじみの男と不倫中であると仄めかされます。

 しかも彼女の息子は、不倫相手との間にできた子供という疑惑も……。愛の夫は、それを知ったうえで息子を受け入れ、仮面夫婦を演じているのでした。

 不倫があるなら、バツイチもあるのが「パワポケ」シリーズ。『パワポケ12』の小池雅美は、バツイチかつ、5歳と3歳の兄妹を育てるシングルマザーです。しかしネットゲームに入れ込んでおり、ネグレクトの疑いもありました。

 その証拠に、雅美は主人公と出会ったのをいいことに、子供の世話を押し付けてネットカフェでゲームに熱中する始末。結局はバレて痛い目を見るのですが、親としてあるまじき行為です。

 さらに『パワポケ』ヒロインの中で、もっとも倫理的にアウトだと言えるのが、尾木靖子でした。

 靖子は『パワポケ13』に登場した自称大学生のヒロインで、出会ってすぐの主人公に好意を見せます。しかしその正体は、未来からきた主人公の孫。血がつながっている上、結ばれればタイムパラドックスが生じる危険すら併せ持っています。

 いろいろな意味で「絶対に付き合いたくない」と思ってしまうヒロインたち。ゲーム内ではそれぞれにエンディングが用意されており、衝撃の展開を迎える場合もあるので、勇気がある人はぜひ自分の目で確かめてみてください。

(ハララ書房)

【画像】倫理観ぶっ飛びすぎ! 「絶対付き合いたくない」ヒロイン登場のゲームを見る(5枚)

画像ギャラリー

1 2