マグミクス | manga * anime * game

死亡説もあったキャラがアニメだけ再登場!?『SLAM DUNK』の衝撃エピソード

『SLAM DUNK』での衝撃的なエピソードといえば、バスケ部襲撃事件をあげる人も少なくないはず。かつて三井の仲間だった不良グループのなかでもひときわ存在感を放っていたあのキャラクターが、なんとアニメ版では再登場していました! 死亡説も流れたキャラの真相とは。

ケンカのプロ、本当はいい奴だった!?

バスケに興味のなかったド素人「桜木花道」が目まぐるしい成長を遂げるスポーツアニメ『SLAM DUNK』 DVDコレクション VOL.1(TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D))
バスケに興味のなかったド素人「桜木花道」が目まぐるしい成長を遂げるスポーツアニメ『SLAM DUNK』 DVDコレクション VOL.1(TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D))

 2022年12月に公開された映画『THE FIRST SLAM DUNK』で話題沸騰の『SLAM DUNK』。スポーツアニメの金字塔として、いまでも大きな存在感を放っています。映画で描かれたのは、原作屈指の名バトルを繰り広げた山王戦。しかし同作の魅力はバスケシーンだけに限りません。特に「バスケがしたいです……」の一言が生まれた「体育館襲撃事件」は、外せない名シーンのひとつです。

 その体育館襲撃事件において、三井寿とともにバスケ部を襲撃した不良仲間の「鉄男」に関する噂をご存じでしょうか。有名な都市伝説でいうと、「鉄男はパトカーに追いかけられて死亡していた」説などがあります。

 原作コミックにおいて鉄男が最後に登場したのは、膝の検査で病院を訪れた三井と再会したシーン。偶然バイクで通りかかった鉄男は、ケジメとして髪をバッサリ切った三井を見て笑顔を浮かべると、「そっちの方が似合ってるよ おめーには じゃな、スポーツマン」と告げます。間もなく警察のサイレンに追われながらバイクで走り去る鉄男……。

 非常にカッコいい去り際と名言で人気を博したキャラクターだけに、それ以降一度も再登場しなかったため、一部ファンの間で「警察に追われている最中に事故を起こして死亡したから」という都市伝説が流れていたのです。

 しかし実はアニメ版で、鉄男が登場しているオリジナルストーリー回があります。それが第35話「男たちの熱き想い」で、共に湘北バスケ部を強襲したメンバーの竜(りゅう)たちがグループのリーダー格であった鉄男を襲撃するというストーリーが描かれます。

 インターハイ予選3回選の会場へ向かう途中だった三井は、バイクで追いまわされている鉄男の姿を目撃して慌てて追いかけます。しかしいくら「ケンカのプロ」と呼ばれていた鉄男でも、鉄パイプで頭を殴られては歯が立ちません。また安西先生に「喧嘩は二度としない」と誓った三井も、一方的に殴られるしかない状況に陥ります。

 時を同じくして、大切な試合当日に寝坊をしてしまった桜木花道。桜木軍団に会場までの近道を教えてもらった道中で、三井と鉄男が暴行されている現場に遭遇しました。助太刀に入ろうとする花道たちでしたが、「急がねえと試合が始まっちまうぜ。じゃあな、スポーツマン」と笑みを浮かべた鉄男。試合時間が迫る花道と三井が逃げる隙を作り、残った桜木軍団と共闘して竜たちを倒してしまうのでした。

 バスケの道へ戻っていく三井へのエールとも取れる名言「じゃな、スポーツマン」をオマージュしたセリフに、オリジナル回を見たファンからは「本当は友達想いのいいやつ」「実は鉄男が一番好き!」といった声が続出。部員たちに理不尽な暴力を振るった悪役キャラだったにもかかわらず、好意的な声の多さには驚かされます。

 同オリジナル回は三井がバスケ部に戻った後の話であるため、少なくともアニメの世界線では都市伝説のような事故は起きていない様子。公式発表は特にないため真実は定かではありませんが、死亡説はあくまでも噂レベルのようです。完全に違う道を選んだ三井と鉄男がまた交わることはないという意味で、原作では鉄男が再登場しなかったのではとも考えられますね。

 雨が降って地固まるといいますが、数々の名言が生まれたのも事件の衝撃が強かったからこそ。元は大事件の主犯格である鉄男がアニメだけでも再登場したのは、ファンの人気に押されたスタッフの粋な計らいだったのかもしれません。

(LUIS FIELD)

【画像】イカつ! 『SLAM DUNK』人気キャラを見る

画像ギャラリー