マグミクス | manga * anime * game

腕から『HADO』を出すバイト!? ゲームで稼ぐ新たな手段になるか

進化していくのは技術だけか?”ゲーム”の在り方も移り変わる

2019年から『HADO』が稼働しプレイ可能な、FUTSAL POINT 両国インドアFコート (画像:meleap)
2019年から『HADO』が稼働しプレイ可能な、FUTSAL POINT 両国インドアFコート (画像:meleap)

もちろん、『HADO』のテスト業務も、プレイすることでバグがないかを確認するのが基本ですが、そのほかにも、「とことんやり込んで上手くなる」「感じたことを開発にフィードバックする」ことが業務内容として明らかにされ、募集対象者は「スポーツ経験者、体力と身体能力に自信がある方」としています。

 つまり、活用方法が無限に広がるARゲームをテストプレイすることで、プレイヤー目線から新しい遊び方や画期的な観戦方法などを創造していくことが期待されているのです。

『HADO』を開発するmeleapは、メジャースポーツをも凌駕する盛り上がりを見せる、新時代のスポーツへと創り上げていくことを大きな目標としています。

 今回の『HADO』の求人は、テクノロジーによってゲームの新たな遊び方が次々と生み出されていくなかで、テストプレイヤーの仕事内容や、求められる資質が多様化し、新たな雇用のチャンスが生み出されていく可能性を見せる事例といえそうです。

(マグミクス編集部)

【画像】腕から波動(HADO)を出す! 白熱の公式大会の様子(8枚)

画像ギャラリー

1 2