マグミクス | manga * anime * game

【漫画】こっそりピアスを開けた委員長、ヤンキーに見られ? 女子高生のモヤモヤに10万人共感

トイレでこっそりピアスを開けた委員長は顔色が悪くなり、保健委員の蓮池と保健室に行くことに。派手な彼女とは住む世界が違うと思っていた委員長でしたが……。悩みを抱える女子高生を描いた漫画家・小野寺こころさんのマンガが「分かる」「泣いた」とTwitterで反響を集めています。

ふたりの女子がピアスを開ける理由は?「分かる」「泣いた」

ピアスで貧血になってしまった委員長(小野寺こころさん提供)
ピアスで貧血になってしまった委員長(小野寺こころさん提供)

 トイレでこっそりピアスを開けた委員長は顔色が悪くなり、保健委員の蓮池と保健室に行くことに。派手な髪でピアスをジャラジャラつけた彼女とは住む世界が違う、私の気持ちなんて分かりっこない、と思っていた委員長でしたが……。

 漫画家・小野寺こころさん( @onoderaKOKORO8 )による創作マンガ『レンコンになりたい』がTwitterで公開されました。一見対極にいるふたりの女子高生は、ピアスの穴を開けることで悩みに耐えようとしていました。そんなふたりが心を通わせていく物語に胸を打たれます。

 読者からは「素敵なお話」「沁みる」「めっちゃ泣いた」「ピアス開けたら強くなる気がするって、分かる」「心の機微の細かいところを描いてて、すごく好き」「こうやって何となく気持ちが分かる人と出会えたらそれだけで十分楽になるんよな」などの声があがりました。Twitter投稿には1.7万リツイート、10.1万いいねの反響が集まっています。

 作者の小野寺こころさんに、お話を聞きました。

ーー小野寺こころさんの漫画家としてのデビューのきっかけを教えて下さい。

 高2のとき、京まふ(京都国際マンガ・アニメフェア)でやっていた出張編集部で、たまたま少年サンデー編集部に持っていったのが始まりです。

ーー『レンコンになりたい』のお話はどのように生まれたのでしょうか?

 自分自身ピアスをたくさん開けていて、ふと、「穴いっぱいで真ん中にも穴あいてるし、レンコンみたいやな~」っていう思いつきです。タイトルをひらめいてから話を考えました。

ーー女の子たちの心の機微が丁寧に描かれているのが印象的でした。女の子の心情を描くうえで工夫なさった点、心がけた点などを教えて下さい。

 小野寺は自分の話を聞いてほしいという気持ちがすごく強くて、自分が救われたい。気持ちを整理して踏ん切りをつけたい。理解されたい。そんな一心で描いていたと思います。

ピアスの穴を見られた委員長は…(小野寺こころさん提供)
ピアスの穴を見られた委員長は…(小野寺こころさん提供)

ーーたくさんの感想が寄せられています。特に印象に残った読者の声について、教えて下さい。

「強くなる気がする、生きやすくなる気がする」と、同じような気持ちでピアスを開けている人が多くいて、「このマンガのおかげでモヤモヤがひとつ整理できた気がする」と言ってもらえたのが一番うれしいです。

ーー「サンデーうぇぶり」で『スクールバック』の連載が開始されました。本作のあらすじや見どころをご紹介いただけますか?

 距離感がちょうどいい用務員の伏見さんと、大人に苦しむ高校生たちの人間ドラマ(?)のお話です。伏見さん以外は本当に存在している感覚になるようなキャラ作りを意識して頑張っています。伏見さんは自分のなかでの理想の大人を描きたいと思っていて、自分の救い、誰かの救いのひとつまみくらいになれればいいなと考えています。

ーー今後の創作活動について教えて下さい。

 一番はまず『スクールバック』の連載を頑張って、目指せドラマ化! アニメ化!! という気持ちです。今後はもっと描くペースを上げて読み切りも描きたいし、同人誌も作りたいし、そのうち連載が終わっても、また次に描きたい連載もあるし……。とにかくいっぱい描いて世に出したいです。頑張ります!

(マグミクス編集部)

【マンガ】こっそりピアスを開けた理由とは? 結末が「心に沁みる」 本編を読む

画像ギャラリー