マグミクス | manga * anime * game

【夏アニメ注目作】深夜アニメ初心者に捧ぐ!「没入感」と「癒やし」の4作品

2019年7月に入り、40本近い「夏アニメ」があいついでスタートしますが、それらの多くは深夜の放送になります。そこで、ふだん深夜アニメを観ない人にもおすすめできる、気分転換やワクワクが楽しめる4作品を紹介します。

異世界なのに考えさせられる…そんな『お母さん』は好きですか?

『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』 (C)2019 井中だちま・飯田ぽち。/株式会社KADOKAWA/お母さんは好きですか?製作委員会
『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』 (C)2019 井中だちま・飯田ぽち。/株式会社KADOKAWA/お母さんは好きですか?製作委員会

 梅雨が明けて夏の日差しが急に強くなると、いっそう気分転換やストレス解消の機会が欲しくなるもの。そこで、7月初めからあいついで放送開始している夏アニメ作品のなかから、ふだん深夜アニメを観ない人でも熱中し、疲れを忘れることができそうな4作品を紹介します。

* * *

『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』は、井中だちま氏によるライトノベルが原作です。

 高校生の少年、大好真人(おおすきまさと)は、ある時憧れだったゲームの仮想世界に転送され、異世界ファンタジーを堪能できるかと思いきや、真人を溺愛する母親の真々子(ままこ)もついてきてしまい困惑。しかも、真々子の攻撃力は反則級の強さで大活躍。「異世界もの」定番の設定をくつがえす、インパクト抜群の設定です。

 原作では、若すぎる母親との距離感に悩んでいる真人のほか、さまざまな登場人物と母親との関係が描かれます。異世界が舞台でありながら、読む者に「親と子の関係」を考えさせる同作品は、富士見書房「第29回ファンタジア大賞《大賞》」を受賞しています。

『お母さんは好きですか?』の放送は、TOKYO MXなどで7月12日(金)24:00から。2019年夏アニメでは、他にも『異世界チート魔術師』『ありふれた職業で世界最強』『魔王様、リトライ!』などの「異世界もの」作品があります。

「現実」を吹き飛ばす圧倒的世界観 『ヴィンランド・サガ』

『ヴィンランド・サガ』の制作は、6月末まで同じNHKで放送されていた『進撃の巨人』シーズン3パート2を手がけたWIT STUDIOが担当。 (C)幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会
『ヴィンランド・サガ』の制作は、6月末まで同じNHKで放送されていた『進撃の巨人』シーズン3パート2を手がけたWIT STUDIOが担当。 (C)幸村誠・講談社/ヴィンランド・サガ製作委員会

『ヴィンランド・サガ』は、「月刊アフタヌーン」で連載中の、幸村誠氏による同名コミックが原作。11世紀に世界を席巻していた海賊、ヴァイキングの生き様が題材となっています。主人公は、かつて最強といわれた戦士の息子、トルフィン。幼くして父を殺され、戦場を生き場所としながら、 幻の大陸「ヴィンランド」を目指していく物語です。

 数多くのアニメ、特撮作品の脚本やマンガ原作を手がけてきた作家の辻真先氏は、『このマンガがすごい!2019』(宝島社)のなかで、「オトコ編1位」に『ヴィンランド・サガ』を推薦。「構想の構えが大きく物語性豊かな長編を選んだ。…(中略)チマチマした現実をぶっ飛ばすマンガ世界に首まで浸かって、ぼくは溺死したい」とコメントしています。

『ヴィンランド・サガ』は、波乱の時代を背景とした、圧倒的なスケールの物語に没入できる作品になるでしょう。2019年7月7日(日)24:10から、NHK総合で放送予定です。

【画像】注目の夏アニメ『ヴィンランド・サガ』緊迫の戦闘シーン

画像ギャラリー

1 2