マグミクス | manga * anime * game

大人になって見方が変わった『ガンダム』キャラたち 気づけなかった「大人の身勝手さ」に憤慨!

『機動戦士ガンダム』には数多くの個性的なキャラクターが登場していますが、なかには子供のころに観たときと、大人になってから観返したときで、印象がまるで異なる人物がいます。代表的なキャラクターを3人紹介します。

無能から一転有能なキャラクターに

主人公アムロをとりまく人物たちが描かれる、「機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編」劇場版DVD(バンダイビジュアル)
主人公アムロをとりまく人物たちが描かれる、「機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編」劇場版DVD(バンダイビジュアル)

『機動戦士ガンダム』を大人になってから観返すと、子供のころに観たときと印象がまるで異なるキャラクターがいることがあります。そのなかでも代表的なキャラクターを3人紹介します。

●ゴップ

 機動戦士ガンダム第29話『ジャブローに散る!』に登場したゴップ大将は、視聴者が大人になって初めて、その価値に気付くという意味で典型的なキャラクターでしょう。地球連邦軍の拠点であるジャブローから出てこないため「ジャブローのモグラ」と揶揄(やゆ)されていましたが、将軍級の軍人は数が少なく育つのに数十年はかかるので、簡単に補充もできません。戦場で打ち取られた場合のダメージが非常に大きいため、むしろ最前線で指揮を執っていたレビル将軍の方が邪道といえます。

 また、子供のころは理解できませんでしたが、軍隊を動かすためには資金と物資の確保が非常に重要となります。コロニーを堕とされ穀倉地帯であるオーストラリアに大きな打撃を受けたうえ、落下による衝撃により津波が発生しており、世界各地の港湾施設及び船舶も多くが失われているはずです。

 このような困難な状況下で物資を整えて軍を再編し、反抗作戦の準備を整えるのは無能な人物には不可能です。また、ジャブローが攻撃を受けた際にも攻勢規模から狙いがホワイトベースであることを看破するなど、ゴップが極めて優秀な軍人/軍政家である事を疑う余地はないでしょう。

●コンスコン

 第33話「コンスコン強襲」に登場したコンスコン少将も、かつてはジオン軍の提督たちのなかでは無能扱いされていましたが、後に評価が高まったキャラクターのひとりです。シャアを意識した言動が少々幼稚なために評価が落ちていることは否めませんが、ホワイトベース1隻とモビルスーツ3機およびGファイター2機(劇場版ではコア・ブースター)に対して、チベ級重巡洋艦1隻とムサイ級2隻およびリック・ドム12機をぶつけており、本来ならば圧倒的な勝利をつかめる戦力を保っていました。

 その計算を覆したのがアムロ・レイとガンダムです。このときのアムロはニュータイプとして目覚めていたため圧倒的な戦闘力を発揮し、12機中9機のリック・ドムを撃墜しています。他の3機もカイやセイラたちに撃墜され、コンスコンは撤退を余儀なくされました。続く第34話で6機のリック・ドムとパイロットを補充されたコンスコンは再戦を挑みますが、これまたアムロにせん滅され、乗艦のチベ級も撃沈されて、あえない最期を遂げました。もしこのときアムロがいなければ、ガンダムがなければ、コンスコンが勝利した可能性は高いはずです。

【画像】シャアも冷遇した? 『ガンダム』ジャブローの戦いに投入された水陸両用MSたち(7枚)

画像ギャラリー

1 2 3