マグミクス | manga * anime * game

「スライム」は本来強かった? 最弱イメージを受え付けた「戦犯」ゲームたち

「スライム=弱い」を植え付けたのは、『ドラクエ』だけにあらず

『ドラクエ』に先駆け、最弱モンスターとしてスライムを描いた国産ゲーム『ドルアーガの塔』
『ドラクエ』に先駆け、最弱モンスターとしてスライムを描いた国産ゲーム『ドルアーガの塔』

●世界的に「弱いスライム」を広めた『ウィザードリィ』

 国内では『ドラクエ』の影響が大きいのですが、海外でスライムの弱さを(結果的に)広めた作品といえば、『ウィザードリィ』が代表的です。1作目の『ウィザードリィ』が発売されたのは1981年。初代『ドラクエ』よりも当然古く、コンピューターRPGの確立に寄与した金字塔的な作品です。

 デフォルメされた『ドラクエ』のスライムとは異なり、『ウィザードリィ』のスライムは原点に近い見た目を備えています。しかし、強さまでは受け継いでおらず、苦労せずに倒せる雑魚程度。『ドラクエ』よりも古い『ウィザードリィ』の段階で、スライムは弱化を辿(たど)っていました。

『ウィザードリィ』は日本にも上陸し、当時のPC向けに展開したほか、1987年12月にはファミコン版も登場。PC版は『ドラクエ』よりも先に「弱いスライム」を国内外中に広め、ファミコンソフトとしても比較的早い段階からファミコン少年たちにその印象を与えており、『ドラクエ』に並ぶ容疑者候補と言えるでしょう。

●『ドラクエ』よりも先に、スライムを弱く描いた『ドルアーガの塔』

『ウィザードリィ』の影響も侮れませんが、こと国内においては『ドラクエ』がスライムの弱さを広く知らしめました。ですが、『ドラクエ』よりも先に、弱いスライムを描いた国産ゲームが存在します。それは、『ドルアーガの塔』です。

『ドルアーガの塔』は、恋人を救うために60階建ての塔を登っていくアクションRPGで、1階ごとに1ステージの構成。そのステージをクリアすると次の階に移動します。そして、最初のステージとなる1階から、緑色のスライムが複数登場します。

 アクション要素が強いため、タイミングを間違えるとスライムにもあっさり殺されることも。とはいえ、相手が止まっている時に攻撃すれば、あっけないほど倒せます。若干の怖さこそあれ対処はしやすく、ゲーム内における最弱モンスターなのは間違いありません。

 本作を手がけたのは、『ゼビウス』など数多くの代表作を持つクリエイターの遠藤雅伸氏。『ドルアーガの塔』は、アーケード向けが1984年に、そしてファミコン版が1985年に登場しており、いずれも『ドラクエ』よりも前。そのため、日本における「スライムは弱い」の印象を最初に決定づけた戦犯だと、遠藤氏は自称しています。

 なお時期が近い同ジャンルでは、『ハイドライド』もスライムを弱く描いており、こちらも容疑者候補です。

●ジャンルを超え、新たな角度から「スライムの弱さ」を綴った『ぷよぷよ』

『ウィザードリィ』が世界的に「弱いスライム」を広め、同作品の影響を受けた『ドルアーガの塔』や『ドラクエ』もスライムを最弱級のモンスターとして扱ったことで、「スライム=弱い」の印象が強まっていきました。

 この時点ですでに最弱の地位を確立したと言えますが、「RPGを遊ばないけど、スライムの存在が知っているゲームファン」にもスライムの弱さを印象付けた作品として、『ぷよぷよ』の影響も個人的には外せないと考えています。

 RPGを中心とする『魔導物語』シリーズから派生した『ぷよぷよ』は、ジャンルを大きく変えて「落ちものパズル」として登場したゲームです。そのタイトルは、本作におけるスライム的なモンスター「ぷよぷよ」を指す言葉。作品名との混同を避けるため、「ぷよ」という通称で呼ばれることもあります。

 この「ぷよ」は、『ドラクエ』のスライムにやや近く、口こそありませんが目を持っており、身体全体も液状ではなくある程度の弾力を持つ軟体型です。原点である『魔導物語』シリーズにも登場し、そちらでの強さも推して知るべしといったところですが、『ぷよぷよ』ではその弱さがさらに加速します。

『ぷよぷよ』における「ぷよ」は、同じ色の「ぷよ」同士を4つ繋げるだけで、なんと跡形もなく消えてしまいます。「オワニモ」という呪文の効果で時空の狭間に消えているとのことですが、呪文をその都度唱えている様子はないので、一度唱えたら世界全体に影響する呪文なのかもしれません。

 その結果、特に攻撃する必要もなく、4つ繋がるだけで消えてしまう「ぷよ」。これほど手間なく倒せるモンスターは、他に類を見ないほどです。戦うことすらなく倒せるモンスター……スライム系モンスターの「弱さ」を新たな角度から描き、RPGファンだけでなくパズルユーザーにも広げた『ぷよぷよ』もまた、重要な容疑者です。

* * *

 元は手ごわかったのに、最弱級として印象付けられてしまった「スライム」。その落差は悲しむべき変遷かもしれません。しかし、その弱さが記憶に残り、今日まで長く愛される一因になった面も確かにあります。

 スライム自身が選んだ道ではないとはいえ、強さを失ったことが存在の確立に繋がったのであれば、キャラクターとしての「強さ」を手に入れたと考えることもできます。果たしてスライムは、強いのか弱いのか。あなたのご意見は、どちら寄りですか?

(臥待)

【画像】意外と強そうに見える? ゲームに登場する「スライム」を見る (5枚)

画像ギャラリー

1 2