マグミクス | manga * anime * game

忘れちゃ困る! 小さな「ゲームボーイ」が僕らに見せた「大きな夢」

『ポケットモンスター』の衝撃

『スーパーマリオランド』『テトリス』『魔界塔士SaGa』などはゲームボーイの代表的ソフトだった。『ゲームボーイコンプリートガイド』(主婦の友インフォス)より
『スーパーマリオランド』『テトリス』『魔界塔士SaGa』などはゲームボーイの代表的ソフトだった。『ゲームボーイコンプリートガイド』(主婦の友インフォス)より

 10数人の小学生がゲームボーイを手にして集まっている光景に、「何してるんだろう?」と首をかしげながら、そのまま通り過ぎたような記憶があります。

 しかし、それから公園やショッピングモールといった場所でしばしば同じような光景に遭遇し、「自分の知らないところで何か流行ってるな」と考えて情報を集め、『ポケットモンスター赤・緑』というソフトの存在を知りました。令和の時代にまで続くポケモンシリーズ、その輝ける第1作です。

『ポケットモンスター赤・緑』は、赤と緑それぞれのソフトで登場するポケモンが異なっており、ゲームボーイ同士を通信ケーブルでつないで交換することにより、全ポケモンのコンプリートが可能になります。

 子供たちが集まっていたのは「自分が持っていないポケモンをコンプリートするため」だったのです。すでに終わったはずのゲームボーイが、新たな伝説を刻み始めた瞬間でした。

 やがて当時大学生だった筆者の友人の間でも『ポケモン』がプレイされるようになり、ゲームボーイ発売後7年目にして、ついに筆者も購入を決意しました。

 そうして筆者が手に入れたのが……スーパーゲームボーイでした。

筆者所有の「スーパーゲームボーイ」。スーパーファミコンに挿入することでゲームボーイのソフトをプレイできたが、通信機能は搭載されていなかった
筆者所有の「スーパーゲームボーイ」。スーパーファミコンに挿入することでゲームボーイのソフトをプレイできたが、通信機能は搭載されていなかった

 はい。ツッコミをどうぞ。

 今は分かってます……。スーパーゲームボーイには通信機能が無いってことくらい……。
 買った後で気づいたんですよね……。

 友人には「それじゃポケモン全制覇できねーよ」と思いっ切り笑われました。

 結局ゲームボーイ本体は購入しなおしてプレイしましたが、「収集」「育成」「バトル」という3つのゲームの楽しみを高いレベルで兼ね備えていた、とても面白いゲームでした。

 ゲームの面白さとは、グラフィックの素晴らしさだけではないと教えてくれたのが、ゲームボーイとポケモンだったと思います。

 その後、1998年には後継となる「ゲームボーイ カラー」が発売され、これも人気となりました。さらに任天堂は「ゲームボーイ アドバンス」「ニンテンドーDSシリーズ」「ニンテンドー3DS」と携帯型ゲーム機を次々と発売し、大きな存在感を示し続けています。

 そして2019年9月には、最新の携帯型ハードとして「ニンテンドースイッチ ライト」が発売されます。これからも、任天堂の携帯型ゲーム機は私たちを楽しませてくれることでしょう。

(ライター 早川清一朗)

【画像】ゲームボーイと任天堂携帯ゲーム機の歴史(8枚)

画像ギャラリー

1 2