マグミクス | manga * anime * game

事件の謎を「一刀両断」する爽快感! 『超探偵事件簿 レインコード』を先行プレイ

ハイスピード推理アクション『ダンガンロンパ』シリーズのスタッフが新たに手がけるダークファンタジー推理アクション『超探偵事件簿 レインコード』が発売間近です。記憶をなくした探偵見習いと、かわいい「死に神ちゃん」のコンビで謎を解明していく新作ゲームの楽しみどころは?

探偵見習いと「死に神ちゃん」のコンビが事件解決に奔走

「解刀」を手に謎の解明に挑む主人公・ユーマ (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
「解刀」を手に謎の解明に挑む主人公・ユーマ (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

 スパイク・チュンソフトのダークファンタジー推理アクションゲーム『超探偵事件簿 レインコード』が、2023年6月30日(金)にNintendo Switch向けに発売されます。10年以上にわたりファンに愛されているハイスピード推理アクションゲーム『ダンガンロンパ』シリーズのスタッフが新たに手がける新作ゲームとして期待を集めています。

 今回、発売を控えた『超探偵事件簿 レインコード』を先行プレイする機会に恵まれましたので、その魅力をお届けします。記事では、ストーリーに関する言及はありませんが、第1章のプレイ画面を掲載していますのでご注意ください。

 今回の試遊では、第1章の途中から最後までをプレイできました。結論から述べるなら、本作は「3Dで制作された巨大な街で聞き込みや調査をする楽しさに加え、アクション要素のある謎解きパート『謎迷宮』で独自のプレイフィールを味わえる意欲作」といえるでしょう。

『ダンガンロンパ』シリーズのノリやスピリッツが継承されながらも、キャラクターと世界観は一新されているので、もちろん『ダンガンロンパ』をプレイしたことがない人も楽しめる作品です。

 物語の舞台は、毎日雨が降り続く奇妙な街「カナイ区」。そこは超巨大企業アマテラス社の支配下にあり、同社に都合の悪い事件はもみ消されてしまうという、超法規的都市でした。

ネオンの妖しい光が夜を照らす、スチームパンク作品のような雰囲気に満ちたカナイ区のカマサキ地区 (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
ネオンの妖しい光が夜を照らす、スチームパンク作品のような雰囲気に満ちたカナイ区のカマサキ地区 (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

 そんなカナイ区に、「未解決事件」の撲滅を掲げる世界探偵機構の「超探偵」たちが乗り込み、事件の調査を開始します。主人公の「ユーマ=ココヘッド」は探偵の見習いですが、カナイ区にやってくる途中に何らかの経緯で「死に神ちゃん」に取りつかれ、さらに記憶を失ってしまいます。

 ユーマにしか見えない死に神ちゃんは、人間とはかけ離れた価値観の持ち主ですが、何よりも謎を好む性格で、事件を調査して解決に導こうとするユーマに関わってきます。「探偵見習いと死に神ちゃん」の凸凹コンビによる一風変わったミステリーが幕を開けます。

死に神ちゃんがかわいくてテキストを読みたくなる

『超探偵事件簿 レインコード』の各章は「調査パート」と「謎迷宮パート」のふたつで構成されています。調査パートでは、カナイ区の人びとに聞き込みを行い、さらに現場を調査するなどして事件の手がかりを集めます。

 さまざまな場所や事物を調べていく流れは、アドベンチャーゲームの遊び方としてはおなじみですが、従来の作品によく見られる「コマンド選択」による調査は、時には単純作業になりやすく、どこを調べたらよいのかが分かりづらい……という課題もありました。

死に神ちゃんとともに事件に関する手がかりを集める調査パート (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
死に神ちゃんとともに事件に関する手がかりを集める調査パート (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

 本作の舞台となるカナイ区は3DCGで描かれ、さらに、インタラクトできる(調べられる)箇所がひと目で分かる親切設計になっています。街を自由に移動してテンポよく調査できることはもちろん、多彩な街の雰囲気を味わいながら探索や散策を楽しむこともできます。

 今回試遊した範囲では、大型恐竜の化石が展示されている美術館がありましたが、近くを通りかかるだけで人魂の姿をした死に神ちゃんがふわふわと飛んでいき、「男の子ってこういうの好きだよね~」とユーマに向かって話しかけてきます。

ユーマと常に行動をともにする死に神ちゃん。「調査パート」では人魂のような姿で、その姿と声はユーマにしか認識できない (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
ユーマと常に行動をともにする死に神ちゃん。「調査パート」では人魂のような姿で、その姿と声はユーマにしか認識できない (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

「それなら、この化石を調べたら今度はどんな反応をしてくれるんだろう?」と、さまざまなものを調べたくなる演出です。「アドベンチャーゲームの楽しさって、こういうものでしょう?」という、スタッフの思いが感じられるようでした。

 そして、ゲーム中に何かを調べると(それが事件に直接関係ないものであっても)「探偵ポイント」を獲得できます。このポイントを貯めると、後述する「謎迷宮」での推理アクションが有利になるスキルを習得できるので、二重三重に楽しさやメリットが用意されているわけです。

アクション要素もあるが、とっつきやすい難度

超常的な特殊能力を持つ「超探偵」たちがユーマに力を貸してくれる (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
超常的な特殊能力を持つ「超探偵」たちがユーマに力を貸してくれる (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

 事件の手がかりをある程度集めると、死に神ちゃんが「謎迷宮」を出現させ、そこを進んでいく「謎迷宮」パートに移行します。謎迷宮は事件の謎そのものが具現化された不思議な空間で、踏破する(さまざまな手がかりから謎をひとつひとつ解決する)ことでユーマは事件の真相にたどりつきます。

 真実を覆い隠す謎やトリックによって迷宮の構造や見た目が大きく変わるので、一歩引いた視点で見ると「絵面が地味になりがち」なアドベンチャーゲームのセオリーに大きな一石を投じる要素となっているともいえます。

事件やトリックの内容によってさまざまな顔を見せる「謎迷宮」  (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
事件やトリックの内容によってさまざまな顔を見せる「謎迷宮」  (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

 謎迷宮で発生する謎解きには、密室のトリックを暴く「密室再現」、真相を知られると困る人物の思いが具現化した「謎怪人」と戦う「推理デスマッチ」、巨大化した死に神ちゃんが往生際の悪い謎怪人をパワーでねじふせる「大進撃 死に神ちゃん」など、アトラクションのような要素がたくさん盛り込まれています。

 ユーマは「解刀(かいとう)」を手にこの迷宮へ挑み、刀で正しい選択肢を選び、時には謎怪人の矛盾した発言を切り裂くことで真相をたぐり寄せていきます。その姿は「快刀、乱麻を断つ」というにふさわしく、矛盾や欺瞞(ぎまん)を文字通りに一刀両断する様は爽快感があります。

事件の真実を覆い隠そうとする人物の思いが具現化した「謎怪人」が行く手をはばむ (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
事件の真実を覆い隠そうとする人物の思いが具現化した「謎怪人」が行く手をはばむ (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

 アクションゲームが苦手な方は不安を感じてしまうかもしれませんが、ミスをしてしまってもユーマのライフゲージの減り方はとてもゆるやかで、5回、10回とダメージを受けてもゲージの残量にはまだまだ余裕が見られます。

 さらに、その時一緒に調査している超探偵がいれば、一定時間ユーマへの攻撃を防いでくれるなど、サポートを受けることもできます。アクション要素に苦戦する可能性はほとんどないといっていいでしょう。

ヒロイン? 相棒? 死に神ちゃんの立ち位置が気になる!

迷宮のなかにある事件現場を模した一角で、自分の手で状況を再現することで密室トリックの看破に挑む (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
迷宮のなかにある事件現場を模した一角で、自分の手で状況を再現することで密室トリックの看破に挑む (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

 今回の試遊で一番気になったキャラクターは、やはり「死に神ちゃん」でした。表情が豊かでノリがよいというだけでも魅力的ですが、彼女は物語におけるヒロインなのか、相棒なのか、それとも物語を引っかきまわすトリックスターなのか。立ち位置がいい意味で分かりづらく、物語を進める動機のひとつとなるキャラクターです。

 一般的に死を司る神は「死神」と表記されることが多いですが、彼女の名前は送りがなが付いた「死“に”神ちゃん」となっており、そんな表記も、ひと筋縄では理解できない存在であることを示しているようです。

死に神ちゃんは、謎迷宮のなかでは人型の女性の姿になる (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
死に神ちゃんは、謎迷宮のなかでは人型の女性の姿になる (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

 死に神ちゃんは「調査パート」では人魂の姿をしていますが、謎迷宮を出現させる時と、迷宮のなかでは人型の女性の姿になります。同作のシナリオを手掛けた小高和剛氏によると、彼女は「人ならざるものが偶然に人間の女性のような姿をしている」のではなく、「性別として女性である」という解釈でいいそうです。そういう意味では、ヒロインといえるかもしれませんね。

万人にオススメできる、期待の3Dアドベンチャー

 本作の舞台となる、雨が降り続ける「カナイ区」は、「探偵モノ」→「シャーロック・ホームズ」→「雨と霧の都・ロンドン」という連想にヒントを得た設定だそうです。

 梅雨や台風の雨に見舞われることが多い初夏のみぎり、雨がやみそうにない休日は自宅で本作をじっくりとプレイするのもいいでしょう。没入感がより高まると思います。カナイ区で困っている人たちを助けるサブクエストなども含めると、クリアまで約50時間を想定しているとのことで、ボリュームもバッチリです。

キャラクターや世界観の掘り下げにひと役買ってくれるサブクエストも豊富に用意されており、事件の調査の合間に挑戦できる (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
キャラクターや世界観の掘り下げにひと役買ってくれるサブクエストも豊富に用意されており、事件の調査の合間に挑戦できる (C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

 冒頭でも述べたように、本作の舞台やキャラクターに『ダンガンロンパ』シリーズとの関連性はありませんので、同シリーズ未プレイの方でも問題なく楽しめます。また、シリーズのファンであれば密室のトリックや謎迷宮の謎解きバトルなどに『ダンガンロンパ』の息吹を感じ取ることもできるでしょう。

 海外ゲームメーカーからは、2018年にPlayStation 4で発売されて好評を博した『Detroit: Become Human』など名作3Dアドベンチャーゲームが何タイトルもリリースされていますが、本作は国内メーカーからリリースされる、同ジャンル期待の1本といえそうです。

(蚩尤)

※『超探偵事件簿 レインコード』は、2023 年6 月30 日(金)、Nintendo Switch向けに発売予定。希望小売価格はパッケージ版・ダウンロード版ともに6,980 円(税込)。

1 2