マグミクス | manga * anime * game

打ち切りピンチからジャンプの頂点へ。『キン肉マン』を国民的作品にした「凄さ」とは

現在も胸アツ展開で連載中、40年を経て衰えぬ人気

 人気マンガとなった『キン肉マン』は1983年にテレビアニメ化され、さらに多くのファンを獲得しました。ブームの中でキャラクターグッズやファミコンゲームなど、数多くの関連商品が発売されますが、その中でも超人をかたどった塩ビ人形「キン肉マン消しゴム」は通称「キンケシ」と呼ばれ、小学生男子なら誰でも集めているほどの大ヒット商品となりました。

 発売された「キンケシ」は全418種類にも及び、累計1臆8千万体以上が出荷されたといわれています。

 そんな『キン肉マン』ですが、連載開始から40年を経た今もその人気は衰えることなく、ファンを魅了し続けています。

 学習図鑑の老舗・学研から今年発売された図鑑『超人』は、シリーズに登場する超人約700体がまるで実在する生き物のように本気で分類され、学習図鑑らしいフルカラーのイラストでも話題となりました。この図鑑を企画した編集者が「黄金のマスク編」に登場する悪魔六騎士のひとり「ジャンクマン」を超人募集に応募したその人だというエピソードにも、『キン肉マン』がどれほど読者の心を掴んできたかが表れているのではないでしょうか。

 現在は週刊プレイボーイWebで連載中の『キン肉マン』。紙からWebに掲載媒体が変わっても、その面白さは変わらないどころか、ますますパワーアップしています! 現在の対戦相手は超人強度8600万パワーを誇るオメガマン・アリステラ率いるオメガ・ケンタウリの六槍客。人気超人も続々登場して、シリーズ読者なら胸が躍ること間違いなしの熱い展開が繰り広げられています。

 40周年を迎えた『キン肉マン』、ゆでたまご2人の友情パワーが描き出す、白熱のマッスル・ファイトは、これからも見逃せません!

(平岩真輔)

【画像】「超人」の全てがわかる!? 『学研の図鑑』解説の一部(7枚)

画像ギャラリー

1 2 3