マグミクス | manga * anime * game

【漫画】大人気コスプレイヤーが裏ではオタク? 「推し」と急接近で「続きが気になる」

コスプレイヤーのタマキちゃんは普段、モデルを推しているオタクです。ある日、道でぶつかった相手が自分の推しで……。小牧まりあさんによるマンガがTwitter上で大人気です。読者からは「尊すぎてやばい!」「続編を読みたい!」などの反響が寄せられています。

「推し」との遭遇でパニック 相手の反応が予想外?

ファンの視線を釘付けにするタマキちゃん(小牧まりあさん提供)
ファンの視線を釘付けにするタマキちゃん(小牧まりあさん提供)

 人気コスプレイヤーのタマキちゃんは、今日もコスプレ会場でたくさんのファンに囲まれています。誰かの「推し」になれることに幸せを感じている彼女も、会場を一歩離れれば普通のオタクです。モデルの深山千明くんが大好きで、コスプレの帰り道に歩きながらインスタを確認しています。

 ある日、タマキくんを拝みながら歩いていたら男性とぶつかり、転んでしまいます。すると、ぶつかってしまった男性が「大丈夫ですか?」と声を掛けてくれて……。

 小牧まりあさん(@maria_komaki)による創作マンガ『実はお互いに推しだった二人』がTwitter上で公開されました。『実はお互いに推しだった二人』は、以前Twitterに投稿された「ギャップのあるカップルたち」のイラストを小牧まりあさんがマンガ化した作品です。

 この作品には、13.7万件を超えるいいねが付いており、読者からは「尊すぎて脳が追いつかない」「タイトルは推し愛(推し合いの意味も込めて)なんてどうですか?」「眩しいが過ぎて目が潰れます」などの声があがっています。

 今回紹介した『実はお互いに推しだった二人』は、2023年6月に続編の『推しは遠い存在だと思ってた』もアップされています。タマキちゃんと千明くんのその後の胸キュンエピソードが描かれているため、ふたりの行く末が気になる人は要チェックです。

著:小牧まりあ『ヒナとバンビ』第1巻(講談社)
著:小牧まりあ『ヒナとバンビ』第1巻(講談社)

 作者の小牧まりあさんは普段からTwitterを中心に、多くの胸キュンマンガを発表している漫画家さんです。どの作品も「尊い」恋愛マンガを楽しめます。

 またTwitter以外でも、漫画家として活動の幅を広げています。「別冊少年マガジン」や「マガポケ」では、恋を知らない幼なじみを描いた『ヒナとバンビ』を連載中です。

 ほかにもフルカラーイラストのマンガシチュエーションブック『カワイイガールズ』が発売されています。席替えで好きな人と隣になった女の子や、好きな人を遊びに誘いたい女の子など、多種多様なシチュエーションの女の子の反応がぎゅっと詰まった1冊です。

(マグミクス編集部)

【マンガ】コスプレイヤーが「推し」のモデルと急接近? 驚きの結末に「早く続きを」「尊すぎる」 本編を読む

画像ギャラリー