マグミクス | manga * anime * game

「進化して残念」だったポケモンは? 「思ってたのと違う」見た目にビックリ

『ポケモン』シリーズでは「進化」がワクワクする要素のひとつです。しかしなかには、かわいらしい見た目だったのに、進化したら「思ってたのと違う…」と思ってしまうポケモンもいました

思ってたのと違う「残念な進化」の数々

「ぬいぐるみ Pokemon fit ニャルマー」(ポケモン)
「ぬいぐるみ Pokemon fit ニャルマー」(ポケモン)

『ポケモン』シリーズといえば、老若男女問わず好かれるキャラクターデザインが魅力のひとつです。初のプレイ時は「進化」によってどんな姿になるのかも、ワクワクするものです。しかし、「進化前はかわいかったのに、思ってたのと違う…」とガッカリした経験もあるのではないでしょうか? この記事では、そんな『ポケモン』の「残念な進化」を振り返ります。

●ニャルマー

 分かりやすいガッカリ進化として、まずは『ダイヤモンド・パール』で登場した「ニャルマー」がいました。スマートな洋猫のようなポケモンで、しっぽがリボンのようにくるくると巻いているのも特徴的です。「猫モチーフ」ということもあり、間違いのないかわいらしいデザインをしています。

 しかし、進化後の「ブニャット」は、まさかの「デブ猫」になりました。トラウマとなった方も多いのではないでしょうか。単体として見れば、ムチムチの身体、ふてぶてしい表情などかわいいポイントもあるのですが……ギャップが受け入れられないという方も多そうです。

●クスネ

『ソード・シールド』で登場した「クスネ」は、キツネのポケモンです。進化前らしく二頭身に近いデザインで、マスコット的なかわいさのあるポケモンでした。

 進化したら、キツネらしく妖艶な姿になるのかな……と思っていたら、進化後の「フォクスライ」はマスクをつけ、ヒゲをたくわえたデザインで、「怪盗ゾロ」をモチーフにしていると思われます。カッコよくて好きという方もいると思いますが、進化前がかわいいに振ったデザインだったため、ガッカリした方も多そうです。キツネ自体に「神秘的」や「美しい」といったイメージがあるのも、期待した姿とのギャップを感じる要因になっているのではないでしょうか。

●ワンパチ

 同じく『ソード・シールド』で登場した「ワンパチ」は、序盤で出てくる子犬のようなポケモンです。「でんきタイプ」らしい色合いと、特徴的な目が印象的です。犬というメジャーなモチーフでありながら、他にない独特のかわいさを持ち合わせています。序盤に登場することもあり、旅パーティに入れた方も多いことでしょう。

 そんなワンパチの進化後の「パルスワン」は成犬の姿となります。「ワンパチ」と同じく目が特徴的なのですが…これがなんとも言えないバランスです。身体もモフモフ感が少なく、ツルっとしているように見えるため、どことなくロボット感が漂ってしまっています。ただ、公式の2次元イラストだと、かわいさとカッコよさが絶妙なバランスで、こちらだと好きという方もいるのではないでしょうか。3次元のモデルでそれを表現するのは、難しかったのかもしれません。

【画像】正面から見ると分かりやすい? ニャルマーから「横へ進化」したブニャットを見る

画像ギャラリー

1 2