マグミクス | manga * anime * game

『ワンピース』チョッパーの今後の活躍とは 「ヒトヒトの実」のモデルは明かされる?

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場するチョッパーは麦わらの一味の船医です。ネット上では「空島以降あまり活躍していない」「今後はマスコットキャラとしての存在感だけになるのかな」などの声があがるチョッパーは今後、どのような活躍を見せてくれるでしょうか?

今後のエピソードで期待する「活躍」は?

かわいさに悶絶? チョッパーを立体化した『ONE PIECE Log Collection“BELL”』DVD(エイベックス・ピクチャーズ)
かわいさに悶絶? チョッパーを立体化した『ONE PIECE Log Collection“BELL”』DVD(エイベックス・ピクチャーズ)

『ONE PIECE(ワンピース)』に登場するトニートニー・チョッパーは、麦わらの一味の船医であり、船のマスコット的存在です。読者のとっても「癒やしの存在」のチョッパーは、作中の「戦闘能力のインフレ化」により、最近は初期エピソードと比べると活躍シーンが減少しつつあります。

 ネット上では「空島以降あまり活躍していないよね」「今後はマスコットキャラとしての存在感だけになるのかな」といった意見があがっていました。果たして、今後のエピソードでチョッパーのさらなる活躍は描かれるのでしょうか?

※この記事では『ONE PIECE』のキャラの生死に関わる記述があります。

 仲間に加わった当初、チョッパーは戦闘で力を発揮することができず、仲間に助けられることが多めでした。しかし、徐々に自らの特性を活かした戦い方を編み出し、「空島編」ではたったひとりで、エネルの部下・ゲダツに勝利するほどの、成長を遂げています。

 また、戦いのなかで致命傷ともなりかねない深手を負うメンバーたちにとって、医療知識が豊富なチョッパーはなくてはならない存在です。そもそも、チョッパーが医者を志したのは、ヤブ医者のDr.ヒルルクとの出会いがきっかけでした。恩人のヒルルクを救えなかった後悔から、「おれが万能薬になる」と決意し、「ドラム王国(現:サクラ王国)」で名医とうたわれるDr.くれはに教えを乞いました。

 ほかにも「頂上戦争編」後の「空白の2年間」では、「南の海(サウスブルー)」に位置する「トリノ王国」の薬学を学び、「ドラム王国」の医学と「トリノ王国」の薬学を組み合わせたチョッパー独自の医療法を研究していました。

 その結果「ワノ国」では、百獣海賊団の最高幹部・クイーンが作ったウイルスを蔓延させる「疫災弾」に対抗し、自らが開発した抗体で囚人たちやルフィの命をを救いました。

 ただのマスコットでは終わらず、医者として最高の功績を残しているチョッパーに対して、ネット上では「自分にしかできない役割をしっかりこなしてる」「適材適所とはまさにこのこと」などと評価する声があがっていました。

 さらに、チョッパーに関する今後の展開について、「悪魔の実」の謎に注目する読者も多いです。『ONE PIECE』に登場している「ヒトヒトの実」の能力者は、チョッパー、センゴク、オニ丸、ルフィの4人です。チョッパー以外の3人は「モデル」まで明かされており、チョッパーの「ヒトヒトの実」にもモデルがある、という意見がほとんどです。今後のエピソードで、チョッパーの「ヒトヒトの実」のモデルや、医者としての活躍に期待が高まります。

(マグミクス編集部)

【画像】悶絶級のかわいさ! 「変身」するチョッパーを見る(5枚)

画像ギャラリー