マグミクス | manga * anime * game

巨大王蟲の迫力スゴ! 38年の歴史詰まった「金曜ロードショーとジブリ展」の見どころ【レポート】

日本テレビの映画番組、金曜ロードショーの歩みとスタジオジブリの作品の魅力を体感できるイベント「金曜ロードショーとジブリ展」が、2023年6月29日(木)から東京・天王洲アイルの寺田倉庫B&C HALL/E HALLで開催されます。この記事では、ジブリファン必見の体験型イベントの魅力を紹介します。

ジブリ世界を体感出来る魅力的な展示の数々

展示ルームの中心に鎮座する全高約4m、全長約8mの王蟲。小山のようなサイズに圧倒される。外殻の質感やトゲ、歪みには一見の価値あり!
展示ルームの中心に鎮座する全高約4m、全長約8mの王蟲。小山のようなサイズに圧倒される。外殻の質感やトゲ、歪みには一見の価値あり!

 これまで200回以上にわたってスタジオジブリの作品を放送してきた金曜ロードショー。実は金曜ロードショーの番組が始まった1985年は、スタジオジブリが「スタジオ開き」をした年であり、初めて『風の谷のナウシカ』がTV放送された年でもあります。

 同じ年に生まれ歩みを共にしてきた両者の関係や、歴代ジブリ作品の魅力を紹介する「金曜ロードショーとジブリ展」が、2023年6月29日(木)から東京・天王洲アイルの寺田倉庫B&C HALL/E HALLで開催されます。

 マグミクス編集部では開会セレモニーに参加し、イベントの様子を取材しました。ファンなら絶対に行ってみたいと思わせる圧巻の展示とは?

●腐海の生態系に圧倒される!異界の美が感じられる展示

ウシアブの頭部のアップ。外殻に生えた毛や複雑で凹凸した紋様はまさに巨大昆虫。腐海の巨大菌類の菌糸が絡んでいる表現もリアルです。
ウシアブの頭部のアップ。外殻に生えた毛や複雑で凹凸した紋様はまさに巨大昆虫。腐海の巨大菌類の菌糸が絡んでいる表現もリアルです。

 最初に紹介したいのが『風の谷のナウシカ』の腐海を再現した「王蟲の世界」です。猛毒の瘴気を発生させる異形の菌類と巨大な蟲たちが共生する「腐海」が、圧巻のサイズと超ハイクオリティな造形で楽しめます。

 暗い通路を抜けて展示ルームに到着すると、目の前に発光する複眼を持つ巨大な王蟲が姿を見せます。そのサイズは高さ約4m、全長8mほど。周囲には、ムシゴヤシなどの植物と共に大王ヤンマ、ウシアブ、ヘビケラ、足元にはミノネズミの群もいます。人の背丈をはるかに超えるサイズに圧倒的な造形美が宿っています。

王蟲の目の色は青から攻撃色の赤へと変化する。どの展示物も高さ2~4mほどなので迫力が凄い。
王蟲の目の色は青から攻撃色の赤へと変化する。どの展示物も高さ2~4mほどなので迫力が凄い。

 光を抑えた照明の中、巨大な蟲たちの間を歩き回ると、まるで腐海に迷い込んだような気分です。そう言えばなんだかウシアブがこっちを見ているような…。この展示、映画とマンガどちらの「ナウシカ」ファンも満足できること請け合い、必見です!

●カップルや家族で楽しめるフォトスポットも充実!

キキの下宿先のパン屋のカウンターを完全再現。ジジのフィギュアが可愛い!
キキの下宿先のパン屋のカウンターを完全再現。ジジのフィギュアが可愛い!

「ジブリ映画ポスタースタジオ」はジブリのポスターを模したフォトスポットです。展示ルームの入口にはキキが店番をしていた『魔女の宅急便』のパン屋が、原寸大で再現されています。キキのようにカウンターに両腕を預けたポーズで撮影してみてはいかがでしょうか。

サンの育ての親、モロの巨大オブジェ。サンの短刀も用意されているので、ポスターの構図を完全再現できる!
サンの育ての親、モロの巨大オブジェ。サンの短刀も用意されているので、ポスターの構図を完全再現できる!

他にも『崖の上のポニョ』のバケツや『もののけ姫』のモロ、『千と千尋の神隠し』で豚になった両親などが、フォトスポットとしてハイクオリティな造形で再現されています。ここで撮影すれば、まるで自分がジブリのポスターの一部になったような、記念に残る写真が撮れるでしょう。

【画像】迫力スゴ! 巨大王蟲が衝撃的なジブリ展を見る(18枚)

画像ギャラリー

1 2