マグミクス | manga * anime * game

悶絶級にヤバい! 漫画『僕の心のヤバイやつ』が描く「自意識の壁」

ヒロインとほとんど会話しない、主人公の生々しさ

2019年9月6日発売の『僕の心のヤバイやつ』第2巻(秋田書店)。京太郎と山田の関係に変化が……
2019年9月6日発売の『僕の心のヤバイやつ』第2巻(秋田書店)。京太郎と山田の関係に変化が……

 たとえばストーリー。冴えない男の子が急にモテたり、突然ドラマチックな物語に巻き込まれたりする展開もラブコメの魅力のひとつですが、『僕の心のヤバイやつ』には(少なくとも序盤では)劇的な展開はほぼありません。

 それどころか、1巻の時点では京太郎と山田が直接会話をすることもあまりありません。ほとんどが京太郎が山田を観察しているだけで、交流はほんの一言ふたことだったりします。

 その様子は“冴えない男子”だった筆者のようなタイプには実に生々しいもの。自然に話しかける勇気もきっかけもないし、「好きだ」と自覚するのも恥ずかしい。それでいて、気になって目で追うし、いつも相手のことを観察している。そんな身に覚えがありすぎる距離感がきっちり描かれています。これはラブコメであると同時に、京太郎の自意識をめぐる物語なのです。

 2019年9月6日(金)発売の単行本第2巻以降では、そんな2人の関係が少しずつ接近していくのですが、それによってより一層市川の“ヤバイやつ”、つまり自意識の壁があらわになっていきます。

 陽キャであり、スクールカーストの上位にいる(と思われている)山田は、京太郎に対して壁を感じることはありません。しかし、京太郎にはスクールカースト下層の陰キャという自意識の壁がある。その足かせがふたりの関係をじれったくさせていきます。

 山田という、かわいいキャラクターに萌える作品としてももちろん楽しめます。ですが、読者によっては京太郎の自意識、ひいては自分自身の自意識に悶絶する、痛痒いような感覚を味わわせてくれるのが、この作品の怖いところなのです。

(小林聖)

※『僕の心のヤバイやつ』は、秋田書店のWebマンガサイト「マンガクロス」で連載中です。

【画像】この2人、もどかしすぎる? 京太郎と山田(4枚)

画像ギャラリー

1 2