マグミクス | manga * anime * game

『父を探して』アレ・アブレウ監督最新作『ペルリンプスと秘密の森』特報など公開!

国際的に評価されたアニメ映画『父を探して』で知られる、アレ・アブレウ監督最新作『ペルリンプスと秘密の森』の特報映像、ティザーポスター、およびシーンカットが公開されました。

めくるめく色の洪水に息をのむ!

映画『ペルリンプスと秘密の森』シーンカット
映画『ペルリンプスと秘密の森』シーンカット

 アニメ映画『ペルリンプスと秘密の森』について2023年7月21日(金)、その特報、ティザーポスター、およびシーンカットが公開されました。

 同作は、アニメ映画『父を探して』で2014年アヌシー国際アニメーション映画祭クリスタルアワード(最高賞)&観客賞をW受賞し、2016年に第88回アカデミー賞長編アニメーション賞に南米の長編アニメ作品として初ノミネートされた、アレ・アブレウ監督の最新作になります。

 テクノロジーを駆使する太陽の王国「クラエ」と、自然との結びつきを大切にする月の王国「ブルーオ」の、ふたりの秘密エージェントは、巨人によってその存在を脅かされる魔法の森に派遣されています。森を守る唯一の方法は、光という形でこの森に入り込んだ「ペルリンプス」を見つけることでした。敵対していたふたりは、共通する目的のために協力し合うことになるものの、平和をもたらすという謎の生物を探すうちに、物語は思いがけない結末にたどり着きます。

映画『ペルリンプスと秘密の森』ティザーポスター
映画『ペルリンプスと秘密の森』ティザーポスター

 公開された特報やシーンカットからもうかがえるように、めくるめく色の洪水のような色彩表現が特徴のひとつで、また本作の魅力のひとつでもあるといえるでしょう。これについてアブレウ監督は、20世紀のスイスの画家、パウル・クレーの言葉を引用し「本当は、色が私たちを支配しているのであって、その逆ではない」と表現しました。さらに「まずは紙の上で、次にコンピューター上で実験を重ね最も意味のある色の組み合わせを生み出した」とも説明します。

 アニメ映画『ペルリンプスと秘密の森』は2023年12月、恵比寿ガーデンシネマほかにて劇場公開予定です。

【概要】
脚本・編集・監督:アレ・アブレウ(『父を探して』)
音楽:アンドレ・ホソイ/オ・グリーヴォ
日本語字幕:星加久実
後援:在日ブラジル大使館
配給:チャイルド・フィルム/ニューディア―

(C)Buriti Filmes, 2022

(マグミクス編集部)

【画像】シーンカットで鮮やかな色使いをじっくりとチェック!(6枚)

画像ギャラリー

1 2