マグミクス | manga * anime * game

カヤに貰った小刀をサンに渡した! 「女たらし」とも言われたアシタカの真意とは

数多くのジブリキャラのなかでも「イケメン」として人気の高いアシタカですが、長年「問題視」されている行動があります。彼は本当に「女たらし」なのでしょうか? 彼の婚約者・カヤからもらった小刀をサンに渡した背景には、深い理由がありました。

「女たらし」「ひどい男?」婚約者からもらった小刀をサンにあげてしまったアシタカ

ジブリ屈指のイケメンとして大人気のアシタカ (C)1997 Studio Ghibli・ND
ジブリ屈指のイケメンとして大人気のアシタカ (C)1997 Studio Ghibli・ND

 1997年に公開されたスタジオジブリの映画『もののけ姫』の主人公であるアシタカは、ジブリキャラのなかでも「イケメン」として知られ、人気のあるキャラクターです。強さと優しさを兼ね備えたアシタカですが、SNS上では一部のファンから「心変わり早くない?」「子供心に『アシタカひどい』と思っていた」など、彼の「とある行動」が批判を呼ぶことがあるようです。しかし、アシタカの「とある行動」の裏には、隠された真実がありました。

 物語の冒頭で、アシタカはタタリ神によって、腕に呪いをかけられてしまいます。このままでは呪いが全身にまわって死んでしまうのですが、呪いを解く方法は分かりません。そんななか、アシタカは村の巫女・ヒイ様によって、西へ旅することを予言されます。タタリ神がやってきた西に向かえば、なにか呪いの謎を解く鍵があるかもしれないからです。

 アシタカが誰にも見送られることなく、たったひとりでエミシの村を出るとき、カヤという少女だけがアシタカのもとへ駆けつけます。「兄さま」と呼んでいますが、このカヤという少女は、妹ではなくアシタカの婚約者なのです。「旅人を見送らない」という村の掟を破り、罰を受けることを覚悟しながら、アシタカに「玉の小刀」を渡したのでした。

 カヤは玉の小刀について「お守りするよう息を吹き込めました」と言い、「いつもいつもカヤは兄さまを思っています」と伝えます。そんなカヤに対しアシタカは、「私もだ。いつもカヤを思おう」と答えました。

 しかし、中盤でアシタカはカヤからもらった玉の小刀を、シシ神の森で出会った少女・サンに渡してしまいます。「いつもカヤを思おう」と言ったはずなのに、婚約者からもらったものを他の女の子に渡してしまった……このアシタカの行動には、「金曜ロードショー」で放送される際などに、ネット上で「アシタカは「女たらし」なのでは?」と疑念の声が上がることも少なくありません。

 ですが、アシタカが玉の小刀をサンに渡したのは、彼の「決意」による行動だったのです。その「決意」の理由が、2015年に発売された『ジブリの教科書10 もののけ姫』(文藝春秋)のなかで明かされています。

 同書では、アシタカがカヤにもらった玉の小刀をサンに渡した理由について「アシタカが自然との共生を達成できないことと同時に、大切にしてきたものとの決別を象徴したのだと思う」と記されています。つまり、アシタカは玉の小刀をサンに渡すことで、今まで自分が大切にしてきたものときっぱり決別した、ということです。

【画像】どっちも石田ゆり子の声!かわいいけどタイプは大きく違うサンとカヤを比較(4枚)

画像ギャラリー

1 2